鏡の法則

鏡の法則

人生の法則に
鏡の法則
という言葉があります

朝起きると洗面所に行って歯を磨き顔を洗います。当然ですが目の前にある鏡を見ることになります。良いことがあれば笑顔になっておりますが、悩みがごとがあれば困った顔になっております。

あれ、なんだか
自分の今の状況が
そのまんま
鏡に映ってる
そんな感じがしてきます

鏡を通して自分を見ているときが、自分の今の状態を客観的に見ていられる状態なのです。自分自身を客観的に見ることができれば、冷静になって自分の欠点に気がついてきたりするのです。そして自分を一番良い状態に持っていけるように、修正ができるようになってくるというものです。

これが人生の法則
鏡の法則
です

客観的に見る

周りには誰もいない。自分と鏡に映っている自分を、じーーーっと落ち着いて・客観的に見ていると分かってくることがあります。自分の状態がそのまま鏡の向こう側にいる自分に伝わっている。自分が嫌だと思っていると、鏡の向こう側にいる顔も嫌だという顔になっている。

まてよ、誰かを嫌だと思っているということは、自分も同じ態度を誰かにしているのカナっとか感じてきたりします。

自分も同じことを誰かにしている

嫌だと思うのは
同じしぐさを
自分も誰かに
しているから

もしもある人が自分に対して嫌だと感じるような、言葉・態度・しぐさなどしてきたらと感じたら、自分もその人と同じことを誰かにしているということなのです。鏡の法則通りに自分のやったことが巡りめぐって、鏡に反射してハネ返ってきているのです。

自分の欠点は
分からないものです

知らず知らずのうちに無意識に言ってたり、やっていたりしているのです。意地悪をしてくる人達が気がつかないのと同じように、自分だって気がついていないのです。その分かるキッカケが自分の気にいらない人や苦手な人にあるということなのです。「人の振りみて」・・・でしょうかひいては、そのような気にいらない人達の存在は自分を知る絶好のチャンスなのでもあり必要な存在でもあるのです。

カチンとくるのは同レベル

さらに嫌なことをしてくる人を見て、嫌だと感じるのを通り越してカチンときたり口論まで進むと、自分はその人と同じレベルだということなのです。たとえば子供がダダをこねてカチンとこないのはレベルが違うからです。偉そうに同僚が「人生は鏡の法則っとか言ってだね」などウンヌン言うとカチンとくるが、お坊さんとか先駆者などの実績のある人達が言うと素直にいうことを聞いてしまいます。

レベルが違うからです

子供がダダをこねてもカチンとはこないけど嫌だと思っているときは、鏡の法則で自分よりも弱い人達(逃げ場のない部下・子供など)に同じことをしているのです。

鏡の法則を実践してみた

っとか、なんとなく思いを書いてはみましたが、簡単にみえても鏡の法則を本当に理解して、自分のものにするとなるとかなり難しいです。さらに分かるために実行するとなるとかなり高いハードルです。今までの「思い込み」というメンタルブロックが根づいているからです。そこでです・・・

嫌な人を気にいるようにする

相手が気にいらないと思っていると、無意識に感情部分が態度や言葉の節々にでているものです。まだ私が若かりし頃に、相手に「嫌だな」という感情が伝わっているなと、意識し始めたころのことです。そこで気にいるように考え方を変えようと試してみたことがあるのです。

気にいらない人を
気にいるようにしてみる

嫌な奴と笑顔で話すってか
ホントにできるのかな

でも、やってみたいな

もし嫌な人が嫌でなくなれば
これは素晴らしいぞ

そういえば

大嫌いな人でも
周りの人は笑ってるし
これは何かあるはずだ

よし試してみようかです

うーーむ

あいつ自慢ばかりしているが
周りの人たちが意味もなく笑ってるぞ
なぜなの、ホワイ?

自分勝手なのに
周りがなごやかだ

一度にはいかないですが、試しているうちに徐々に慣れてくるものです。

目からウロコの安堵感

そうしたある日のことです。いつも人をバカにしたような言い方で、嫌だった人と話しをしていて、その人の何でもない自慢話に対して「今日は良いこと聞いちゃったょ」っとか言い返してみますと「そんなに喜んでくれたら嬉しいね」っとか言いながら、ツンとして笑わない人が笑顔で話しをしてきたときには「アレーっ」とか思い、この安堵感は何なんだと感じたりして、このときに目からウロコとやらが落ち、周りの景色がパーっと明るくなったことを覚えております。

【関連記事】 (詳しいことは「嫌いな人との接し方」に書き込んでいます)

【続きの記事】

関連記事一覧