他人よりも自分と競争をする

他人よりも自分と競争をする

【前回の記事】


このうさぎとかめに学ぶの書き込みも、思いつくままに書き込み、分かりやすくまとめたりしているあいだに、ずいぶんと長くなってしまいました。書き込んだことによって責任感が生まれてきて、少しずつ自分の物になっていくのだと感じております。

自分なりの器が大きくなり、どのように進んでいけばいいかが明確に分かってきます。無意味な過去の後悔や、まだ来もしない未来の不安など一切なくなり、何があっても動じない。いま自分がするべきことをタンタンとこなしていく。そんな自分ができ上がっておりますです。

まさにかめの心境です

考えてみれば私が学んだことなどを実践しながら修正しており、書き込みを続けて一番得をしているのは私かも、つまり自分の成長のために書き込んでいる感じもするのです。っというわけで、もう少し続きますのでよろしければお付き合いください。

かめの心境

他人と競争をしても、疲れるし長続きしません。ある人を超えたとしても、さらなる上の人がいます。ずいぶん昔だったら、それでもいいのかもしれませんが多様化されている現在、さらなる上を目指すことは、すばらしいとは思いますが得策ではないと思います。

それよりも競争相手を
他人よりも自分に置き換えてみます

昨日の自分よりも今日の自分

つまり昨日の自分よりも、今日の自分が少しでも進歩しいればよしとする。それを喜んで明日も何か進歩しようです。つまりかめさんのように、周りのことよりも目標であるゴールしか見ないということです。

事実そのようにしてみると、周りがグチ・イヤミ・悪口など言ってきても全く気にならないし「っあ、この人って進まないで居眠りしてる」「焦点がブレてる」的な目で見て、可哀そうにさえなってしまいます。早く気がついてねっで無視こころに余裕さえうまれてきます。

ちなみに私の場合「良い人ですね」と言われたくなくなりました。逆に悪口など言ってくると「っん、この人って嫉妬してるな」っで、嬉しくなりニヤリです。

焦らず・濁らず・褒めてやる

自分を褒める

人それぞれの向き不向き、また経験などまったく違っているので10000人10000色で、比べるなんて疲れるだけ。のろまでも自分自身が毎日成長していればそれで満足。そうすれば毎日が満足三昧で進歩の連続です。そして自分を褒めてやる。そうすると無意識に木に登っていたりします、なんだか楽しくなってきませんか。ホントに木に登っているからです。

誰かと比較するなんて
くだらない無意味なのです

成長とは続ける事

このブログを立ち上げてから、試行錯誤で約3年たちますが、なかなか思い通りの文章にならなくて、言いたいことの表現の難しさに、試行錯誤の連続で、まさにかめの心境です。しかしコツコツすることの好きな私でありました。かめさんのように周りを見ないで焦らずに続けているので、自分の納得できるブログが徐々に完成できつつあります。

投稿したあとに読み返しながら変更や追加などして、じっくりと作り上げながら過ごしていると、少しずつ自分の本意が表現できるようになってくるのです。うまく表現できたときなどは、今までとは景色が違って見えたりもします。ブログ書き込みで培った(つちかった)ノウハウが、すべての行動に役立っているのです。

この繰り返しの毎日
すごく良い感じです

【続きの記事】

(トップ「うさぎとかめに学ぶ」に戻る)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。