夢をあきらめないで

夢をあきらめないで

【前回の記事】


コツコツと努力しても、一向に良くならない。毎日毎日一生懸命働いて、節約だってしているのに、生活も楽にならない。周りの人達に気を配りながら、迷惑もかけないようにしているのに悪いことばかり起こる。いったいどうなってるの、分からない。そんな人の為に

どのように考えれば良いのか
どのように行動すれば良いのか

そのヒントが誰でも知っている
うさぎとかめ
という童話にありました

かめからの教え

かめがコツコツと一歩ずつゴールを目指していたのでゴールに着くことができました。さらには絶対的に不利なうさぎにさえも勝つことができました。なぜゴールという目標が実現できたうえにうさぎにも勝てたのか。コツコツと努力しているまさにかめの心境なのですが、うさぎとかめの童話から、そのコツコツの真意を、かめの気持ちになって考えてみました。

のろまでもゴールはできる

まずはのろまでもゴールはできるということです。いくら足が遅いといっても、コツコツと続けていればゴールにたどり着くという目的は必ず実現できるのです。競争よりもゴールに目を向けてみるという考え方です。そうすれば目的は確実に実現できるうえに、能力の優れたうさぎにさえも勝つような状況(チャンス)が生まれてくるという教えです。この考え方を、そのまま日々の行動に置き換えてみました。

能力がなくても
目的は達成できる

能力がなくても目的は達成できるということです。いくら能力がないからといっても、コツコツと続けていれば目的は達成できるのです。確実に実現できるうえに、能力の優れた人達にもうっかり油断を呼び込んで勝てるうな状況(チャンス)さえも生まれてくるという教えです。

周りよりもゴールを見る

能力があることと実現できることは、まったく別問題なのです。うさぎに勝つ必要なんてないのです。うさぎに勝とうと思から疲れてしまうのです。ゴールさえすればいいことであり、周りの人なんて見る必要はないのです。自分のゴールだけを見てコツコツと歩いてさえいれば、必ず実現するので周りの人達も認めてくれるのです。

達成オーラが渦巻いてくる

実際にゴールだけを見て、一歩ずつ進む、そのようなクセをつけていけば、達成できるような事柄などが自然と引き寄って来ます。そして、そのようなオーラが渦巻いてくるのです。オーラが渦巻いてどっぷりつかってくると、何を言われても気にならないし、グチ・不平・不満などの無意味なことは決して口にはでてこないのです。

あとで気がついたら
うさぎより先にゴールしていただけ
つまり
うさぎの居眠りを誘う
そんな状況をもつくりだせるのです

まわりを見て油断して居眠りしているうさぎのような人達は無視して過ごしていくと、ブレない自分ができ上がってくるイメージです。

チャンスをつかむ

基本的に、焦点を目標に向けて歩いてさえいれば、周りの人達が勝手に油断してしまう可能性があるということです。つまりチャンスがきたときに、その流れにすぐ乗ることができるようにチャンスが来たときに備えておくためのコツコツのような気がしてなりません。

もしかめが競争を意識して、初めからコツコツしなくて途中で「っあ、うさぎが寝ているなら、ひょっとして勝てるカモ」なんて、そこから必死で歩いていては、うさぎに勝つ確率ぱグっと下がってしまいます。

「っあれ、ウサギが寝ているのなら」っと一緒になって寝ていてば、これはもう夢どころか最悪です。初めからゴールだけを見てコツコツすることがうさぎが寝込んでしまうというチャンスを、ものにできたという教えです。

そもそもゴールがなければコツコツできません。ゴールがあるからコツコツできるのです。ゴールの向こうには一億円ある。そう考えてみれば、何があってもコツコツするしかない。こんなイメージです。

【続きの記事】

(トップ「うさぎとかめに学ぶ」に戻る)

関連記事一覧