解決しただけでは挫折した意味がない

【前回の記事】


挫折したときに開き直って行動していると、怖いものがなくなってきます。解決してよかったではなく思い通りに解決できる自分になれたことによかったで、今までとは見るべき方向が変わってきます。そこに価値があることに気づき、感動を味わう喜びがクセになってきたことに感謝です。債務整理の終結に向けて、どんどん解決している最中であり、成長するために気ずいたことがたくさんあります。多重債務者の相談役に参加することもあります。しかし・・・

私の場合は
そのときの考え方に
重点置いております

自分を変えて成長していくこと
に徹しております

すばらしいテクニックを期待されている人にとっては、物足りない内容かもしれません。しかしせっかく挫折したのに、解決しただけでは意味がないのです。自分を変えるというテーマのブログなので、考え方を変えて、自分を変えて、これから先に同じような挫折にあったときにも、難なく解決していく免疫力をつけていく。この感動を身につけて欲しいのです。

相談はじっくりと話を聞くことから

多重債務者からの相談を聞く機会がありました。相談者は娘さんです。最初の1時間ぐらいは、今までの経過など含めてじっくりと話を聞きます。現状を把握して自分の力で解決するように努めて下さい。悩みをすべて吐き出すまでのその間に、考え方や債務処理の方法、相談者に合った、一番いい解決方法などを考えていきます。

結局私と同じ特定調停を選ばれましたので、その方法が人間として、一番いい方法だということを実感しておりますので、考え方などを変える重要さなどを、じっくりとアドバイスできます。

行動すれば良いだけなのですが

解決するという目標を持って行動さえすれば、カンタンに解決できるのですが腰が重たいのです。特定調停の流れを話していても、まったく困った顔のうわの空です。頭の中が「困った、困った、困った」のボーゼン状態です。やっと腰を上げて裁判所までは行ってはみたけれど、かなり躊躇してハッキリしないのです。

特定調停は、自分で働く意欲のない人や、これから支払っていくという、改善意欲のない人などは向かないのです。申し込みをしたけれど、調停委員との話も焦点が合わずで自然消滅です。やむを得なくして他の方法を選ぶことになりました。そして私の出番はなくなりました。

自分の意思がうまく伝えられなくて、他の方法を選ぶことになったのは、残念で仕方ありませんでしたが、もっと納得できるようにできなかったのか、多重債務も含めて、ふりかかってくる難問を克服して、幸せになるため・うまくいくためには、どのようにアドバイスしたら良いのだろう。何となく考えさせられてしまいました。

悩みは相談した時から解決に向かう

悩みごとは
自分が悩んでいるだけ

もし、いま悩んでいるとしたら、ちょっと目線を変えて周りを見てみませんか。外に出て軽く散歩してみるのもいいです(コレお勧めです)。よくよく観察してみて下さい何か感じてきます。誰も知らん顔して、何もないように振る舞っているのです。自分の存在なんて、まったく関係ないように、無視して通り過ぎております。

周りの環境や状況などは何も変わらないのに悩んでいる自分がいるというだけのことです。くよくよしながら、まったく前に進めない。いつまでも足踏みしている自分がいる。この状態をイメージしたときにこのままではいけないっと感じるはずです。

何もしてくれない
誰も知らん顔
何もできない
何かすれば
お互いに不幸になる

開き直り行動に感動連続
そこから分かってきたことがあります

誰も何もしてくれない
そのことが分かったときから
成長が始まるのです

悩むよりもどうするか

たいがいは悩んだ挙句、切羽詰まった挙句。行き詰った挙句に、やっと相談にいくのです。悩みごとは相談した時点で解決しているのですが、軽く一歩を踏み足してさえすればいいだけです。自力で解決していく感動を味わえば、もりもりとチカラが湧いてきて、目の前が明るくなってきます。二度三度繰り返すとクセになります。そして感動を味わいたくて無意識に行動するようになってきます。

解決だけでは挫折した意味がない

多重債務は相談すると解決するのは当たり前なのですが、立ち直ってから幸せに暮らしていけるようになるためには、どうしたらいいのでしょうか。周りを見てみると、幸せに暮らしている人がたくさんいます。

あの人達は
なぜ良いことばかり起こっているの

あの人達は運がいいな
どうしたらあんなに
幸せに暮らしていけるのかな

っと思いがちです

その人達だって同じように、たくさんの問題を抱えているのです。多重債務かもしれません。仕事上のことかも知れません。家庭内、恋愛、人間関係かも知れません。現実の起こった事実を受け入れて、自分でコントロールしているに過ぎないのです。アレコレと悩んだり、どうにかしようとパニックになっているだけでは、解決とは程遠いいばかりか、正しい判断さえできません。悩むより自分でコントロールしていくことを考えた方が得策なのです。

目的に向けて第一歩

長い人生あわてることはないです。多重債務で苦しんでいる今から、すぐに裕福になることは不可能だと知ることです。まずは目の前の一歩を、幸せに向けて前進してみることです。その第一歩が相談ですしかも相談する相手は、それなりの専門家であるべきです。専門家だと少しハードルが高い感じがしますが、責任があるのでアドバイスが的確でマトを得ており解決が早いのです。身近な友人などに打ち明けて意見を聞くことはいいとしても、解決という相談となると同情して慰めてはくれますが、解決にはほど遠く得策ではないのです。決して悪気はありませんが無責任なのです。

問題が起こるのは自分の力不足

日々、暮らしていると必ず問題が起こってくるのは、あたりまえのことで、良いことばかり起こっているとしたら、逆に疑ってみるべきです。多重債務だけではありません。「最近、調子がいいぞ、うまいことばかり起こってるぞ」っとか思っていたら「まてょ、そんなことはないはずだ。これは絶対におかしい」っと、疑ったほうがいいです。不具合が起きるということは、自分が選択したことに対して自分の力不足だからなのです。調子がいい時ほど用心して気をつけていくというクセをつけていきます。

多重債務の場合でも挫折の前に
調子良いことがあった場合が多いいのです

【続きの記事】

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。