迷うから迷う!迷わずに即判断する方法

あるものが欲しくて買い物に行くけど、たくさん買い過ぎたり違うものを買ってきたりと、あとから考えると、いろいろと迷っていたなと思ってしまいます。寝る前に今日一日を振り返ったときにも、あれもしたかったのになぜできなかったのかなっとかです。

迷ってしまうと
あまりいい結果に
ならないようです

コレとコレどちらが良いですかと言われた場合、どうしても迷ってしまいます。見た瞬間に直感で「もちろんコレです」と判断できれば、それがベストな判断なのです。なぜならば自分自身が決めたことだからです。 周りの意見は無責任で、自分自身の能力を信じるべきカナと思ってしまいます。ここで一つ気をつけなければならないことは、理屈を知らないで闇雲に信じていては単なるわがままだけで非常に危険です。日頃の軽いできことで即決力を養うことができます。

3択だと迷ってしまう

同窓会の催し物の中で、学校に関するクイズを3択方式で出してみました。〇〇先生の専門は何だったのでしょうか①数学②簿記③会計。 卒業したときの干支は何①虎②鳥③猿 っといった具合です。卒業して47年、半世紀近く立とうとしておりますので、すっかり忘れております。みんなも当時の記憶を読み返しながら懐かしんでいるようです。かなり盛り上がり高校時代に逆戻りしたようで面白かったのですが、やってみて気がついたことがあります。

3拓だと3つの答えが混がらがって、分からなくなるのです。答えを迷っていると問題を忘れたり、問題を懐かしがっていると、答えと番号が一致しなかったりして。学校に関するクイズはグッドアイデアでしたが、このように大勢参加している会では、クイズは迷うものなので、3択よりも、〇×式の二者択一にした方が、分かりやすかったなと思いましたです。

どうも人間は選ぶとなると
迷ってしまうクセがあるようです

人生は、どちらにするのか・どれにするかと常に迷っています。大切な選択では、この中からどれにするのかよりもこれをするかしないかで決めた方が良いのかなと思った次第です。

迷うといい結果にはならない

そういえば迷った挙句に選んだことに限って、おおスカ食らったり、あまり考えずに何気なく始めたことが、思いのほか長く続き、大当たりだったとか、こんな経験は誰でもあるのでは。

私のモットーは怒るな・悩むな・考えるな・迷うな・気にするな・後悔するな。頭を取って、い・な・か・ま・き・こ、なのですが、その中に「迷うな」があります。やはり迷っていると、あまりいい結果にならないようです。

迷うから迷う

よくよく考えてみれば、迷っているということは、その間にいろんな情報が入ってきたりして、ますます迷ってしまい、その結果、頭の中が混乱してしまって、判断が鈍ってしまいます。

過去にあったいいことよりも悪いことへのイメージの方が、強く印象に残っているものなので、つい思い出してしまうのです。「あの時ダメだったから多分」っで、どうも迷う時間が長いほど、ダメ経験を思い出して、あまりいい結果にはならないような気がします。

そして、迷いクセがついてしまうと、優柔不断になり答えを出すのに時間がかかり、ついつい億劫になって後回しにしてしまったりします。欲しいものを買いに店まで行ったものの、いろいろと目移りしてしまい、まったく違うものを買ったりします。

迷うクセは重要な場面では酷です

このような日常生活での迷いは、あまり致命的なダメージはありませんが、人生の大切なときに判断を誤ると、全然違う方向へ行ってしまって、取り返しがつかないこともあります。

めったにない家とか不動産などの購入。結婚や仕事などの人生の節目に当たる、後戻りできない選択などもあるのです。一生に一度しかないその時の選択の為にも常日頃から、迷わないクセをつけておくようにした方がいいのではと思います。

そこでどうすればいいか
なのですが

迷わないクセをつける

一番大切なのは
迷わないことを意識することです
っあ、今迷ってるイカンなー
です

日頃から自分の中に「数ある選択方法の中から、これだけは譲れない」と言う一番の判断基準を設定しておくといいようです。そのクセをつけていくのです。あとは撤去法で不要なことは早く頭から消してしまうのです。そして自分の決断に自信をもち、「これでダメだったら、しかたないか」っで、納得してから即決める。そうすると悩んでいる時間が少しずつ短縮されていき、余裕が生まれる感じがしてきます。

第一印象を信じて、見た瞬間に判断して決めるようにしてしまう。さらに優先順位を決めるとか、最終目標を設定するとかありますが、やはり行動して経験しないと自分の物になりません。私のブログのタイトルは自分を変えるです。いろいろといい方法をさがすよりも自分を変えるほうが早く的確なのです。自分なりの基準を自分で考えて行くしかないのですが、選択を誤っても修正できるような、日頃の軽いでき事などで即判断のクセをつけていけばいいのです。

日頃の軽いでき事で即決を意識

何を食事するか、何を飲もうか、誰と過ごそうか、何をしようか、右に行こうか左の方が近いかなど、毎日の生活の中では常に判断を求められています。さりげないでき事に即判断を意識しながら過ごしてみる。遅くても3~5秒後には決断する。

クセをつける

もし、間違っていても、人生を左右することではない、このときに即決断をしてくクセをつけて行きます。「今度の判断はこれでいいのだ」「間違ってたら判断基準がブレてるのか」「うーーむ、ブレてることが分かったぞ」「っま、どちらにしても即ができた」っで、まっすぐ前を見て目をキリリと目を広げ、ガッツポーズ「よし、これでいいのだ」です。

即慣れすれば脳が判断します

迷わない訓練をしておりますと、体が感じてくるようになってきます。自分自身に指令を出している脳が、一番いい方法を教えてくれるです。こうなれば自分は考えなくても、一番いい答えをヒラメというカタチで脳が知らせてくれるのです。だから無意識に判断してしまうので、苦などは感じなく気がつけば、すんなりと一番いい選択をしているのです。これは楽チンですょ。

もし失敗しても、それもアリか
今度から、あーすればいいかなです

即決力を養う

すみません。何度も書き込んでおりますが、即決力を養うにはすぐにはできないです。自分の考え方を変えて自分の中に育てていくことしかないのです。決心を先延ばしにしないことも意識しながら、さしさわりのない身近なでき事などから即決心していくことだと思います。「今日の晩ごはんはなににしようか」「よし、刺身でいこう」これでいいのです。

考えるよりも感じること

即決力のクセをつけて過ごしていると、分かってくることがあります。っと言うよりも何かを感じます。感じるのですから無意識に行動します。自分の判断基準がないと、誰かの意見に流されてしまうことになりかねないのです。

「それはダメょ、私それで苦労したのだから」
「そうなの、じやあやめとこうか」
「そうょ絶対にやめた方がいい」
「そうだね」

なのですが完全に自分の基準がありません。川の流れに漂う枯れ葉のようです。

それは、その人が歩んできた結果であって、自分のことではないのです。その人は決して悪気があっての言葉ではないのですが、やはり自分で行動して、やってみるしかないのです。たとえダメかなと思っても、面白そうだからと感じたら、やってみるべきです。上手くいかなくても、自分には向いていないことが分かったのです。行動しなければ同じことを何度も繰り返すハメになり、果てしなく悩んでしまうようになっていきます。クセづいてきますと自分には向いていない同じようなことで悩む必要がなくなるのです。

周りの意見は無責任

そして周りの人が「こうすればうまく行ったょ」と言った話をしてきても、自分にはいい方法だとは限らないのです。その人がうまくいったということなので、参考にする程度にするべきです。このように考えながら一日数回、毎日繰り返すことによって、悩む材料が減ってきて、自分には何が必要なのかの即判断の基準が、徐々にできあがってきます。

そうして訓練してクセづけていると何かが変わってきます。理屈よりも感じることで、続けることによって、重要な選択場面に出会ったときも、自分に一番いい方法を、脳がヒラメキというカタチで知らせてくれます。一番いい方に無意識に進んでいくのです。

迷ったら即やめる

迷わない即決力は本当に必要だと思います。今の私の場合ですが迷ったら即やめるを判断基準の一つにしております。迷いながら買ったり行動すると、後悔する確率が非常に高かったからです。

日用品を買うときなども、値段・手軽さ・大きさ・色・など何の為に必要なのかポイントを絞ってみます。値段を重視か、持ち運ぶための手軽さか等を天秤にかけながら「これでダメだったら仕方がないかな」を頭にいれて決める。後悔しないためにも「仕方がないかな」と納得することも必要です。

要するに、ちょっとでも
迷いを感じたら、やーめたです

【関連記事】

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。