病気にならないために病気になる

病院は病気を治すは所ではない

病気になったときに、病院に行けばすぐに治してくれるっと、思ってはいませんか。もちろん速攻で良くなってきますが、じつわ病気が治っている訳ではないのです。あくまでも病気を治すのは、自分の中にある免疫なのです。

病院は免疫が治してくれるまでの処置、をしてくれているのです。熱が出れば熱冷まし、痛ければ痛み止めなどです。しかし見た目にはすぐに楽になるので、病気が治ったと勘違いしてしまうのです。

思い込むと怖い

ここで、ちょっと考えてみて下さい。コレって病院をアテしているのではないでしょうか。

また風邪をひいちゃった
病院に行って治してもらおう

このように考えて過ごしているといると、悪くなれば病院に行けばいいやっで、いつの間にか、病気は病院が治してくれるのが当たり前だと、思い込んでしまうのです。

その思い込みが、すごく怖いのです。無意識に病院に行ってしまって、本来の免疫である修正していくからだづくりが弱いものなってしまうのです。

病院は手助けしてくれる場所

病院は病気を治してくれる所ではなく、病気を治す手助けをしてくれる所なのです。病気を治すのは、もちろん自分自身です。体の中には免疫があって、ばい菌が入ってきても退治してくれるという作用があります。病気になっても自然に治るようにコントロールしてくれているのです。

そんな事は分っています
と言われそうです

本当に分かっているならば良いのですが、頭では分かっていても現実に病気になれば、速攻で良くなるから、つい病院に行くように体が動いてしまいます。

病気を理解する

分っているということと、理解しているということは、まったく違います。病気になったときは、今あなたは油断していますょ、このままでは自分の体が支障きたすようになってきますょ、すぐに対処してくださいと言う、脳からのメッセージなのです。最初は軽い症状から始まるので、軽いうちに対処することを考えます。

免疫つくりです

病気は自分で治すもの

自分に起こった病気は、自分が一番よく分かっているはずです。もちろん先生は病気の専門なので、直す方法などはよく知っています。状態を把握するためだと考え、基本はあくまでも免疫を優先するべきです。

病院の先生が治してくれる
よりも
免疫で治してみせる
と考えて
病気と付き合って欲しいです

焦点を病院から免疫に変える

病気になったときの考え方ですが、病院から免疫に焦点を変えてみるから考えてみると、どのように行動したら一番良いかが見えてきます。

私の場合ですが、病気を治すのはあくまでも免疫と考え意識して、自分のことはすべて自己責任・自己管理していくという考え方で生活しています。

確かに病院にいけば早く良くなりますが、そのことに慣れてしまうと、いつしか病気=病院という考えが定着してしまい、悪くなったら無意識に病院に行ってしまいます。その結果、自分の身に起こった病気を理解できなくて、一番大切な予防や早期発見がおろそかになってしまいます。

病気はあくまでも自分で治すもので、病院はその手助けをしてくれる所なのです。このことを常に意識することによって未然に予防したり、軽い段階での対処が大事だと、意識するようになり、予防・対処方法などを気をつけるようになってきます。

病気は免疫を強固にしていく

病気になった時には
病院よりも免疫を強固にしていく
という考え方です

物が見えて、匂いが嗅けて、音が聞けて、両足で歩けて、文字が書けて、しゃべれて、と普段何も気にしないがままに行って、何でも満足にできることは、よくよく考えてみれば、不思議なことで奇跡に近いことなんです。

病気になることは必要

どこかが悪くなるのは、むしろ当たり前で痛みを伴ったり、異変を感じたりするということは、からだが機能しなくなる前の警告と考えます。つまり、他力本願ではなく自分で治すようにすることが望ましいのです。そうすれぱ大事に至る確率はグッと下がります。

もちろん思いがけない大病などありますので、病院での手助けが必要ですが、基本的に病院は、あくまでも手助けという意識があれば、自分のペースで定期検診など予定するなどして、管理することが大切だという行動ができます。

つまり
免疫を強固にしていく為に
病気になるのです

もしも病気にならなければ、悪くなる前触れがないものですから、ある日突然と動けなくなるのです。自分に足らない免疫で病気になったときに、病院や薬に頼っていてはもったいない話だと思います。

病気は免疫をつけるチャンス

あまり薬に頼っていると、せっかくばい菌を退治してくれている免疫の出番がなくなってきます。免疫をつけていく絶交の機会を逃しているだけではなく、免疫が退化してくると、いつしかばい菌が免疫に勝ってしまうのです。更に免疫を無視して薬を頼っていると、ばい菌が薬慣れしてきます。そうすると症状を和らげるために、より強烈な薬に頼る様になってきます。応急処置の薬ですから少しすると切れてきます。長い期間には薬漬けになってしまい、だんだんと症状もひどくなってくるも、もっといい薬は・もっと良い先生はとか考えてしまうのです。

私の周りにも数人このような人が実際におります。大体想像できると思いますが、共通しているのは変に自分に自信を持って、まったく人の意見を聞かない人達です。飴玉も10個ぐらい口に入れてガリガリでおしまい。食事も飲み込むようにしているし、風呂場でも朝まてウトウトと居眠り等で、まったくの無茶苦茶です。やはりと言うか「オレは病院の麻酔が全く効かないょ」っとアワアワと語っている人もいました。

免疫がばい菌に負けてしまう

私の場合、めったに病院には行きません。行くときは、他の悪い病気かもしれないと感じたときで、それを確かめに行きます。大事ではないことが分かると、それに満足していただいた薬は、必要なければ飲まないこともあります。病気になったときは免疫をつけていくチャンスだと考えているからです。例えば風邪薬などは飲みません(成人してからは、飲んだ記憶がないのです)風邪を治す薬はないので、熱があれば熱を下げる薬、喉が痛ければ痛みを和らげる薬。つまり薬は風邪が治るまでの処置だと考えているからです。薬を飲むと速攻で楽になってきますが、せっかくの免疫能力が育成できません。とりあえず楽になっただけで、風邪が治った訳ではないからです。

薬は
免疫がばい菌を
退治してくれるまでの
応急処置
なのです

必要があるから病気になる

もう少し分かりやすくいうと、病院が病気を治してくれると思っているのは、周りの人達が、自分を助けてくれるのが当たり前だと思っていることと同じなのです。病院は病気を治してはくれない所だということを前提に暮らしていくクセをつける。他人はアテにできないことを前提に暮らしていくクセをつけていく。その方が方がアトアト楽なのです。

自分のことは自分でする

病気になったときには「アレ、何が足らないのかな」っと、ちょっと考えてみるクセをつけていきます。

病気になることは
必要だから起こっているのか
です

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。