思うように行かない

思うようにいかないという人

思うようにいかないというタイトルで、このページに訪れた人は、思うようにいっていないのでしょうか?もし、そうだとすれば心配しないで下さい。安心してください。人生とは思うようにいかないそんなものなのです。

思うようにいかないのは
むしろあたり前なのです

思うようにいったとしたら
その方が異常な事なのです

思うようにいかないんだって
良かったー正常正常です

なぜ思うように行かないの

思うように行かないと考えるのは川の流れに立ち止まっている状態です。川の流れが自分に逆らっている「何とか流れが変わらないかなー」っと考えながらつぶやく、人生と言う流れからも、自分を支えてくれている周りの人達からも「自分の思い通りに動いていない」とグチっている。大きな流れのど真ん中で、ただぼんやりと周りの流れを見ているだけの自分がいるだけの事なのです。

ここで、ちょっと考えてみて下さい。流れの中で、このまま何もしないでいると、思うようにいかない日々が延々と続いていきます。川の流れを変えるなんて、膨大なチカラが必要となります。っというよりも不可能です。何か考えねばいけませんが、どのように考えるべきかを、私の経験から得た気ずきやヒントなどを伝えて行きます、それがこのブログの目的なのであります。

思うようにする為には

少し見かたを変えて
思うように行かない事を前提に
物事を考えてみることです

冒頭で、心配しないで下さい。安心してください。とありますが、安心してしまって何もしなかったら、事態は変わらないです。川の流れを変えようと思わずに、自分を流れに乗るように、考え方を変えていく事を考えた方が、はるかに得策なのです。

人間は思い通りにならないからこそ考えてみる。試行錯誤してみる。そこから進化・成長していく生き物なのです。思うようにいかないのが正常、思うようにいくと異常、心配しないで、安心してください、このまま何もしなかったらっとか、何だか、ややこおしくなってまいりましたが、ハッピーライフ的に書き込んでまいります。

思うようにいかないの前に
たった一回やっただけ
という言葉を足してみました

たった一回やっただけで
思うようにいかないのは
むしろあたり前なのです
たった一回やっただけで
思うようにいったとしたら
その方が異常な事なのです

しいては
たった十回やっただけで
思うようにいかないのは
むしろあたり前なのです
たった十回やっただけで
思うようにいったとしたら
その方が異常なのです

さらにさらに
たった百回やっただけで
思うようにいかないのは
むしろあたり前なのです
たった百回やっただけで
思うようにいったとしたら
その方が異常なのです

そして
たった・っも、いいか

急好転した時は要注意

偶然にしても、たった一回やっただけで、思うようにいく事もあるかと思います。時として、このような時にこそ大打撃を味わうものです。急好転した時は「アレおかしいぞ、こんなはずは」とか感ずいて、「これは何かあるぞ」と疑ってみた方が良いです。

宝くじで大当たりすると堕落していくのが良い例で、思うようにいかないのは、やったことがない未知の世界なので、自分をコントロールする準備が、まだ出来ていないのです。無免許で高級外車を時速300㎞で暴走するようなものです。うまくはいかないのは当然で、自分をコントロール出来るようになるまでは、思うようにいかないように脳が信号を送ってきて調整しているのです。

受け入れる態勢つくり

逆に考えれば、思うようにいくようになった時は、自分をコントロール出来るように受け入れ態勢が整ってしまうときで、こうなれば「もう良いだろう」と、脳が信号を送ってきて、自然と思うようになってしまうのです。

もう良いだろうと
脳が信号を送ってくるように
受け入れる態勢を準備する事
考えてみるべきです

具体的にどうすれば良いか

さらには、いざやろうとすれば何から手を付けが分からない。どうすれば良いのかを考えて、頭がぼーっとしてしまう。

周りは邪魔をする事だらけ

「よし、やろう」と思うも、その前に周りを整理している内に、いつしか整理が目的になってしまって、いわゆる目的の為の手段が、手段が目的になってしまうなど、目の前のハエを追うことに気を取られ、いつのまにか時間だけが過ぎていく。そうなると億劫になってしまって徐々にモチベーションが下がってしまいます。

残業や忙しい日が続いて疲れて、それどころじゃない
上司と合わず、気にいらない人がいる
家族内からも自分の時間を奪わてしまう
やたら雨が続いてどうにもならん
周りの人達が足を引っ張っている

などなど挙げたら切りが無いほど、思うようにいかない状況がそろっています。確かに他人や周りの状況は自分の意に反しているものです。

自分をコントロール

他人はいろいろと言ってきますが、決して悪気はないのです。その人達の勝手さに惑わされて、カチンと来たり怒ってみたりとしているとしたら、これはもう最悪です。こちらの方に目を向けるよりも、自分をコントロールしていく事を考えるべきです。

周囲の状況などは自分ではコントロールできません。周りの状況に合わせて自分をコントロールしていくしかないのです。このコントロールが出来るのは人間であるが故の特権なのです。しいてはコントロールできるチカラを持っている人が、思い通りに過ごしているのです。

先代やたくさんの人達の延長上にある今、その人達の支えを無視して「自分の実力があるのだ」と勘違いして、周りが見えず有頂天になっていると、怒りとして、何かのしっぺ返しが必ず来るというものです。

あと10年若ければ

今からでも遅いのに、明日からだと

福の神様が愛想を尽かして去ってしまいますよく年を取って「あと10年若ければ」っとか言っている人がおりますけど、10年先のあと10年若かったらが今なのです。明日も昨日もありません今しかないのです。「明日からやるぞ」っとか言っている人に限って、明日になっても同じ事を言っているのです。「明日からやるぞ」は、面倒くさいから今はやらないという、一番都合のいい言い訳なのです。すべてが思うようにいっていたら面白くないです。分かる分からないよりも、分かろうとする事です。

やろうと思う事は出来る

ちょっと考え方を変えてみます

やろうと思う事は、自分には出来る能力があるからこそ、やろうと思うのではないでしょうか。つまり、思ったりヒラメイたりする事は、出来るという事なのです。出来るからこそ思ったりするのです。せっかくできる自分がいるのに、思うように行かないと、自分勝手に判断しないで、「なぜできないのか」が分かって一歩前進、この繰り返しで成長していくのです。

一回の失敗で諦めている
全て自分では出来る事なのに
実にもったいない事だと思います

できる能力がある

自分に能力がなければやってみようとは思わないのです。だから、やってみようかなと、ちょっとで思ったら、とりあえずやってみることです。慌てる必要などないです。失敗を楽しみながら、今度こそ本番です。

出来る出来ないは結果論であって、今何をするかが問題なのです。自分にダメダメ免疫を作らないように、目の前の出来事よりも、自分の能力を信じる方へ目を向けてみる。ちょっと視点を変えてみると分かりやすいかと思います。

やってみようかなと思ったら
自分には出来るという前提
ちっょとやってみるかです

この理屈を知る

私の場合もいろいろとたくさんありました。今こうして、自分はこうありたいと、いくら思っても意に反していた頃を振り返ってみるに、この理屈が分からず、周りの状況に振り回されていたように思います。

そして最後に どうも思うようにいかないという時は、ある気づきが必要だと思います。ある存在に気がつかないと、何をやってもうまくいかないです。

それが「できる自分」です
詳しくはコチラに詳しく書き込んでおります

【関連記事】
思い通りに過ごしたい

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。