• 自分磨き
  • 外見や内面を磨いて、今よりもっと素敵な自分になれるように努力する
思い通りに過ごせない!もう一人の自分がブレーキを掛けている

思い通りに過ごせない!もう一人の自分がブレーキを掛けている

【もう一人の自分】
【1】【2】【3】【4】【5】【6】

一生懸命に過ごしてきても暮らしは一向によくならないし、それどころかますます落ち込むばかり。まわりにはのほほーんとしていても、しっかり収入のある人や幸せに暮らしている人がたくさんおります。

やっていることは私のほうが数倍しているのに何が違うのだろう。一生懸命働いて苦労しているし周りの人達にも迷惑かけないように、充分なくらい気を配っている。なのに「何だろう」っと思いながらもぼんやりと過ごす毎日。私の場合ですがあるときに第三者的な目で自分を眺めているような感じを受けたことがあります。

第三者の目で自分を眺めてみる

うっすらとですが気がついた
この第三者って

ひょっとして
自分自信のこと
ではないのかな

つまり
もう一人の自分です

自分の中に
もう一人の自分
が居座っている

その
もう一人の自分とは
本来なるべき
自分の姿ではないのか

もうひとりの自分

うまくいっている自分がいる
もう一人の自分の目線で見る

このようにイメージしながら過ごしていると、自分をもう一人の自分の目で見ているときがあります。

うまくいっている自分
になりきっている

そしてメッセージとして
伝えている

「将来の自分が今の自分にメッセージを伝えている」っと思うと、冷静に自分を見つめることができるようになり、自然と考え方が変わってくるようになってきたのです。

思い通りに過ごしたいのにブレーキを掛けている奴がいる

視点を変える

うっすらから確信に変わって視点が変わってくると、将来なっているはずの、もう一人の自分が「あなたのいく道は、こちらですょ。そんな所でモタモタしていないで早くきなさいよ」と、たまりかねて言ってるのです。マジで、そのように考え始めてみると、いろいろな場面での見かたが違ってきました。当然ですが行動も変わってきました。

ふっと気がつくと不思議なことにつき合っている人達が、いつの間にか入れ変わっていたのです。今までは自分の進んでいく道とは接点がなく、ただ周りの空気に流されていただけだと感じ始めたのです。

もう一人の自分を前に向ける

今のレベルで進んでしまう

そのように考えて過ごしていると気がついたことがあります。もう一人の自分は今の自分レベルで容赦なく進んでいきます。自分が前に進もうといくら頑張ってももう一人の自分が後ろを向いていたら、絶対に前には進めないのです。つまり今の自分のレベルでしか進むことができないのです。

人間には
すべての行動に対して
ブレーキかかってくる
という習性があります

今のレベルを上げる

いくら自分のレベルを上げようと頑張ってはみても、今の自分のレベルまで下げようと、もう一人の自分がブレーキを掛けているのです。分からないままにもう一人の自分にコントロールされ、無意識行動をしているのです。もう一人の自分の存在にに気がつかないでいると何だか思うようにならないという日々が延々と続いていくのです。

つまり
アレコレ考えるよりも
もう一人の自分のレベル
を上げてやればいい
だけなのです

もう一人の自分に従う

無意識に動く?
夢遊病みたい?
しかも偉大なんて?
よく分からない?

人間はときとして自分では信じられないような行動をしてしまうことがあります。切羽詰まったときなどには思いもかけない行動を起こしてしまいます。

挫折は素晴らしいチャンス

後でよくあんなことができたなぁと思うのは、素晴らしい能力を持ったもう一人の自分が「これではいけない」っと危険を察して対処せざるを得ないのです。危険なめにあったときは考えているヒマなどないのでもう一人の自分が、自分の身を守るための行動に、ブレーキをはずして暴走しているのです。

いわゆる
火事場の馬鹿力
です
もう一人の自分は
それほど偉大なのです

普段はもう一人の自分を自分で閉じ込めているだけなのです。そうしないと疲れてしまうからです。考えてみれば困難になったときは、逆に「もう一人の自分」の能力を発揮させる絶好のチャンスなのです。分かりやすくいうと挫折にあったときに、この火事場の馬鹿力を発揮している回数が多いい人ほど、思い通りに過ごしたいという自分ができているのです。

挫折が多いいことは
素晴らしいチャンスなのです

一見悪いようにみえるブレーキも、良い方にも掛かってきます。すべての人が思うよう行動していれば、野獣化して強いもの勝ちになってメチャクチャになってしまいます。そうならないように、みんなが楽しく暮らせるようにブレーキが掛かっているのです。このように良いようにも悪いようにも働いているブレーキですが、必要に応じて制御したり暴走したりと使い分けてみたいと思いませんか。

【もう一人の自分】
【1】【2】【3】【4】【5】【6】

関連記事一覧