思い通りに過ごしたいのに、ブレーキを掛けている奴がいる

【前回の記事】

一生懸命に過ごしてきても、暮らしは一向によくならないし、それどころか、ますます落ち込むばかり。まわりには、のほほーんとしていても、しっかり収入のある人や、幸せに暮らしている人がたくさんおります。

やっていることは私のほうが数倍しているのに、何が違うのだろう。一生懸命働いて苦労しているし、周りの人達にも迷惑かけないように、充分なくらい気を配っている。なのに「何だろう」っと思いながらも、ぼんやりと過ごす毎日。私の場合ですが、あるときに第三者的な目で自分を眺めているような感じを受けたことがあります。

第三者の目で自分を眺める

第三者って、だれ?

うっすらとですが気がついた
この第三者って

ひょっとして
自分自信のこと
ではないのかな

つまり
もう一人の自分です

自分の中に
もう一人の自分
が居座っている

その
もう一人の自分とは
本来なるべき
自分の姿ではないのか

もうひとりの自分

うまくいっている自分がいる
もう一人の自分の目線で見る

このようにイメージしながら過ごしていると、自分をもう一人の自分の目で見ているときがあります。

うまくいっている自分
になりきっている

そしてメッセージとして
伝えている

「将来の自分が今の自分にメッセージを伝えている」っと思うと、冷静に自分を見つめることができるようになり、自然と考え方が変わってくるようになってきたのです。

視点を変える

うっすらから確信に変わって視点が変わってくると、将来なっているはずの、もう一人の自分が「あなたのいく道は、こちらですょ。そんな所でモタモタしていないで早くきなさいよ」と、たまりかねて言ってるのです。マジで、そのように考え始めてみると、いろいろな場面での見かたが違ってきました。当然ですが行動も変わってきました。

ふっと気がつくと、不思議なことにつき合っている人達が、いつの間にか入れ変わっていたのです。今までは自分の進んでいく道とは接点がなく、ただ周りの空気に流されていただけだと感じ始めたのです。

もう一人の自分を前に向ける

今のレベルで進んでしまう

そのように考えて過ごしていると、気がついたことがあります。もう一人の自分は、今の自分レベルで容赦なく進んでいきます。自分が前に進もうと、いくら頑張っても、もう一人の自分が後ろを向いていたら、絶対に前には進めないのです。つまり今の自分のレベルでしか進むことができないのです。

人間には
すべての行動に対して
ブレーキかかってくる
という習性があります

今のレベルを上げる

いくら自分のレベルを上げようと頑張ってはみても、今の自分のレベルまで下げようと、もう一人の自分がブレーキを掛けているのです。分からないままにもう一人の自分にコントロールされ、無意識行動をしているのです。もう一人の自分の存在にに気がつかないでいると何だか思うようにならないという日々が延々と続いていくのです。

つまり
アレコレ考えるよりも
もう一人の自分のレベル
を上げてやればいい
だけなのです

もう一人の自分に従う

無意識に動く?
夢遊病みたい?
しかも偉大なんて?
よく分からない?

たとえば、人間はときとして、自分では信じられないような行動をしてしまうことがあります。切羽詰まったときなどには思いもかけない行動を起こしてしまいます。

挫折は素晴らしいチャンス

後でよくあんなことができたなぁと思うのは、素晴らしい能力を持ったもう一人の自分が「これではいけない」っと危険を察して対処せざるを得ないのです。危険なめにあったときは考えているヒマなどないのでもう一人の自分が、自分の身を守るための行動に、ブレーキをはずして暴走しているのです。

いわゆる
火事場の馬鹿力
です
もう一人の自分は
それほど偉大なのです

普段はもう一人の自分を自分で閉じ込めているだけなのです。そうしないと疲れてしまうからです。考えてみれば困難になったときは、逆に「もう一人の自分」の能力を発揮させる絶好のチャンスなのです。分かりやすくいうと、挫折にあったときに、この火事場の馬鹿力を発揮している回数が多いい人ほど、思い通りに過ごしたいという自分ができているのです。

挫折が多いいことは
素晴らしいチャンスなのです

一見悪いようにみえるブレーキも、良い方にも掛かってきます。すべての人が思うよう行動していれば、野獣化して強いもの勝ちになってメチャクチャになってしまいます。そうならないように、みんなが楽しく暮らせるようにブレーキが掛かっているのです。このように良いようにも悪いようにも働いているブレーキですが、必要に応じて制御したり暴走したりと使い分けてみたいと思いませんか。

もう一人の自分をコントロール

それほど偉大な「もう一人の自分」の存在に気がついてから、この「もう一人の自分」を前に向いてもらうようにコントロールするように意識した考え方に変わってきました。

困ったときに、今の時期から逃れようと努力して苦労して一生懸命に頑張るよりも、この「もう一人の自分」を自分と同じ方向。つまり後を向いている「もう一人の自分」を前に向いてもらうように、考えた方が得策のようなのです。

ちょっと欲が出てきます。火事場の馬鹿力を自分の意志で発揮するこのとはできないのか。「もう一人の自分」の本気の力や能力を、自由にコントロールできないのか。もしできるとすれば素晴らしいので、ちょっと考えて行動してためしてみました。

火事場の馬鹿力を利用

火事場の馬鹿力を
いつも全力投球できれば
超スーパースターになれます

しかし超スーパースターになれるも「火事場の馬鹿力」を常に発揮していると、身体はボロボロになってしまいます。それを防ぐためにもう一人の自分が制御しているのです。

しかし
瞬間的に引き出す方法
はあるのです

スポーツ選手が大きい声を出したり、顔を両手で叩いたり、活を入れているシーンをよく見ますが、その瞬間だけ最大に力が発揮できるようにしているのです。全力ダッシュ行動で走っていれば、すぐに息切れがしてしまいますが、ここぞという行動を起こす前に、目をキリリ・大きな声を腹から出したりして「よし」と自分に言い聞かせているのです。

ちなみに私ですが、疲れたときは四股ストレッチ(四股とは相撲で力士が膝に手を添えて足を高く上げて踏み落とす動作)です。さすがに足はあげませんがお尻を高く上げて両手を土に置きます。そのままの姿勢で、しばらくしていると重心がへそ下の丹田(たんでん)という場所に落ち着いていき、グダグタ感が抜けていきます。そして思い切って全身のチカラを抜きます。コレを三回ぐらい繰り返せば、少々の疲れは吹っ飛んでしまいます。大事な行動前にも同じように喝を入れます。っで、目は大きくリリと開き「よーし、行くぜーーーっ」です。

一瞬、活を入れる
のも一つの方法です

変わっていく自分が面白い

この理屈が分かってから、毎日を暮らしていると視野が変わってきました。最終的な目標を達成した自分の姿が、目の前に現れて胸をトキメかされたり、自分の目がキリリと開き、自分の成長に生かすオーラが渦巻いているのが分かるのです。周りの人達の接し方も明らかに変わってきた感じがしております。

もう一人の自分からメッセージ

ある時「もう一人の自分」からのメッセージが届きます。それはヒラメキだったり、お尻の方がムズムズして、何か動かないといられない衝動になったりします。夜中でも急に掃除してみたり、意味もなく小高い丘に車を走らせたり「ヒラメキ即行動」を基本的に、なぜか無意識に行動しておりますです。北海道に行ってみるかと感じれば、ぶらりと行ってみるかもしれません。

何度も書き込みますが、これがもう一人の自分が動いている。つまりもう一人の自分に従っているという感じです。一見無意味に思える辛い行動ももう一人の自分が動いて、私はその上に乗っているだけなので、まったく違和感なく辛いと感じることもありません。

自分は上に乗っているだけ

もう一人の自分
という

お馬さんに乗っている
イメージです

もうこれはクセになりましたです。そして何かあったときに、瞬間的に判断できるようになってきたように思います。なぜ瞬間的なのか。それはもう一人の自分が判断して、ヒラメキで教えてくれているからです。そむくともう一人の自分が「わしゃー知らん」っとか言って、はぶててしまってはいけないからです。これは嬉しかったです。これはクセどころか快感です。

私には
良いことしか起こらない
ようなのです

えーい やってしまえー

っで、うまくいかなかっても、そこから何かを得ることがてきます。「でも、」っとか言っていたらもう一人の自分にそむくことになります。この理屈が分かってからは、イメージした自分がそこにいる感じで、変わっていく自分が面白くなり、不安などは全く無くなり心強い毎日です。

偉大なるもう一人の自分が
自分と同じ方向に向いてる

自分にとって一番良い方法を
教えてくれている

【合わせて読みたい記事】

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。