アラジンと魔法のランプ!貴方の願い叶えます

アラジンと魔法のランプ!貴方の願い叶えます

アラジンと魔法のランプ
の物語から学ぶ

なんでも望みを叶えてくれる魔法のランプは、誰でもみんな心の中に持っているということです。ランプをこすって表れた魔人に「やって見せます」と言えばいいだけのことなのです。

私たち人間は何でも望みが叶って誰でも言うことを聞いてくれることを、なにかしら望んでおります。しかし現実は全く反対で、誰も言うことを聞いてはくれないし何もしてくれないのです。

本来はそのことを前提に過ごして行き自分に解決するチカラをつけるべきなのです。特に女性でおとなしい性格の人は、言いたいことも言えず心の中で「なぜ私のことを分かってくれないの」というような感じでうつむき加減で過ごしています。

ひと昔前だとしとやかな女性の印象を受けてチヤホヤしてくれるのでしょうが、多様化している現在やはり周りを観察していないような、側からみれば何を考えているのかが分からず、ハネにされたりいじめに合ったりするのです。

アラジンと魔法のランプ

何もしなかったら何もありません。誰も動いてくれないし良いことなんかこないばかりか、悪いことばかりが起こってきます。水戸さんの印籠がある訳ないし、何でも望みを叶えられる魔法のランプなどもありません。

魔法のランプか
ちょっと待てよ
思い出しました

何でも望みが叶ってしまうという
アラジンと魔法のランプ
という物語です

物語というものは何かしらの教えを含んでいるものです。千夜一夜物語・アラビアンナイトでの一説なのですが・・・

グータラで貧乏なアラジンは魔法使いにそそのかされ、財宝に囲まれた地下洞窟に入っていきます。重たい宝を持ちだそうとしたアラジンは、外へ出ることができず、魔法使いが激怒して入り口を塞いだため、生き埋めになってしまいます。やっとの思いで地下から脱出できたアラジンはランプしか持ち出せず、磨いて売ろうとランプをこすります。すると中から魔神が現れて「ご主人様お呼びになられましたか、何でも望みを叶えます」と尋ねてきました。

ご存じのように魔神によって望みどおり得られた財を元に、商売を始めて大金持ちとなり、皇帝の娘に恋をしてついには結婚へとこぎつけてしまいます。魔神のチカラで見事に望みが叶ってしまい、めでたし、めでたしという物語です。まだまだ詳しい続きもありますが・・・

望みを叶えてくれる
その魔法のランプ
意外と身近にありました

貴方の望み叶えます

それは誰でも
魔法のランプを持っている
ということなのです

魔法のランプは自分の心の中にあるようです。物語にある通りになぞってみました。

自分の心の中にある魔法のランプを、こすってみますと魔人が現れて
「ご主人様お呼びになられましたか、何でも望みを叶えてあげます」
っと言ってきます。
「〇〇の夢を絶対に叶えたいのです」
と言えば
「分かりました、その望み叶えてあげます」
と言ってくるだけなので夢が叶うのです。
逆に
「〇〇が、いろいろと忙しくて、どうしてもできません」
そうすると、もちろん
「分かりました、その望み叶えてあげます」
と言ってきます。
見事にできませんという自分の望んだようになっていくのです。

ここで何か感じませんか

暑いから寒いから・あの人がイヤだから・世の中が悪いから・辛いから・面倒臭いからとできない理由ばかり並べて言い訳名人になっていたら、その通りの結果になってしまうという教えがあるのです。

もう一人の自分

人間はある存在に気がつかないでいると、何が分からないかが分からないままに延々と過ごしていくハメになります。そのある存在とは自分の中に居座っているもう一人の自分の存在のことです。じつわ自分の中には自分では意識していないけど、無意識に動いているもう一人の自分が存在しているのです。

もう一人の自分が
魔法のランプのこと
ではないかなと考えます

すべての行動はこのもう一人自分が動いているのです。自分はこうあるべきだといくら考えて進もうとしても、もう一人の自分が後ろを向いていると絶対に前に進むことはできないのです。信じられないのですが無意識にブレーキがかかってしまうのです。

魔法のランプをこすって魔人を呼ぶ行為は、自分とは別の本来の自分つまりもう一人の自分に問いかけてみるという行為なのです。なぜならばもう一人の自分が自分と同じ方向に向けば、魔人と同等のチカラを持ったもう一人の自分が動き出して、望みに向けて一直線にしかも無意識に進んでいくのです。そしてめでたく望みが叶うということなのです。

だから
もう一人の自分には
やります

っと言うしかないのです

【関連記事】

【続きの記事】

関連記事一覧