足をひっぱっているのは誰だ

【前回の記事】


「まずは自分を信用することから始まるのだ」っと、信念をつらぬいて「オレはできるのだぞ」っと、絶対の自信をもってすすんでいる人。うらやましい限りの存在感です。まさか童話のうさぎのように、かめと競争するなんて、恥さらしなことはしないだろうし、自分を過信しての居眠りをすることはないと思います。さっさとゴールして、そこでゆっくりしてから、次のステージにすすんでいるはずです。そのような人達には、このブログは役に立たないかと思います。

できるのにできない人

私のブログの目的は、絶対の自信があるのに、なぜか思うようにいかない。素晴らしい能力があるのに誰も知らん顔。いつまでも足踏みしていることに気がつかないでいる。不思議と気にいらないことばかり起きてしまう。なぜだろう、どうすればいいのかが分からない、何かふっきれるような、とっかかりが欲しい。そんな人達のためのブログなのです。

どのように考えればいいのか
どのように行動すればいいのか

そのヒントが誰でも知っている
うさぎとかめ
という童話にありました

足の速いうさぎが居眠りして、絶対的に有利なかめに負けてしまったといううさぎからの教えです。どうやら、ここらへんにヒントがあるようなのです。なぜうさぎかめに負けてしまったのか。なぜ居眠りをしなければいけなかったのか。まさにうさぎの心境なのですが、うさぎとかめの童話から、うさぎが油断した真意を、うさぎの気持ちになって考えてみました。

うさぎからの教え

ひょっとして、ゴールではなくてかめを見ていたのではないか。これはこの記事を書き込んでいる途中に、ググってみたときに出会った素晴らしい教えです。その記事は素晴らしい気ずきだったので、私なりに思ったことや伝えたいことなどを、書き込んでいきたいと思います。

自分の目標がありながら「分かっているょ」っで、絶対の自信があるがゆえの、聞く耳をもたない考え方をしてはいないだろうか。「いつでもできるから」という余裕から、明らかに自分より劣っている人達に自慢したり、押しつけたり説教じみたことを言ったりしていないだろうか。行動することが面倒くさいので「いつでもできる」と理屈づけては、前に進むことを先送りにしてはいないだろうか。頭の中には目標がありながら、視点が周りの人達に向いて立ち止まっている人達です。つまり・・・

居眠りしている
うさぎのことです

ちょっと、この居眠りしているうさぎをイメージしながら、周りを見渡してみてください。このような人達がたくさんいることに気がつきます。私の周りでもたくさんおりますし、どこへいっても必ずいるのです。

できない人は教えたがる

人間は自分の能力を過信して、周りを見下していると成長しません。自分が一番だと思い込んでいるので、周りのいい意見を聞かないからです。いつまでも立ち止まっている、周りの人達を愚かだと思い込んで見ている。めくどくさいから、なかなか行動しない。ちょっとやって、うまくいかないので、すぐにあきらめてしまう。自分の能力を誰も認めてくれないので、ついつい周りの人達に自慢したがる、それで満足。これがかめを見て居眠りしているうさぎのすがたなのです。

できる人はやりたかる

うさぎの仲間でも、かめを相手にしないで、さっさとゴールまでいってから一休みするうさぎもいるはずです。つまりやるべきことはやってしまうという、かめなどはいっさい見る必要などないのです。できる人はやりたがるのです。さっさとゴールに行ってしまう人です。それから「っあ、そういえばかめさんと競争をしてんだっけ」です。

居眠りしているうさぎは見下していることで満足しているので、足踏みしていることに気がついていないのです。どうしたらうまく気がつくのかをこのブログ・自分を変える的に考えてみました。

自分を疑う

自分は素晴らしい能力をもっていると自信がある人も、基本的にはできるのは確かなのに、何かに抑え込まれているような、誰かにコントロールされているような、誰かに足を引っ張られているような気がする。特に素晴らしい能力を持った人ほど、油断してしまうということなのです。ちょっと自分を疑ってみるのもいいです。

自分に自信をもつこと
よりも
自分を疑ってみること
が大事なのです

素直に自分を疑がってみることにより、すこしずつ分かってくることがあります。いわゆる向上心というやつです。そしてあるとき突然として気がつくのです。

あれーっ
こんなところで立ち止まってたら
ダメじゃんか。そうだった
ゴールだゴール
です

受け入れる器を広げる

目標をさだめて、それに向かっていくための手段に、失敗・苦悩をおしまずに、目標だけに向かって進む考え方に変わってきます。じつわ、良いと思ってやっている事でも、成長を妨げる悪いことだったりするのです。無駄なことだと思いつつも、成長するには必要なことであったりもします。

するしないは別として、自分を疑って周りの意見を取り入れてみるべきです。常に自分を疑いながら受け入れてみると、思い込みなのか良いのか悪いのか、という気づき向上心になってきます。自分を疑ってみると心が広くなって、自分が成長していくのが分かってきます。

足をひっぱるのは誰なの

さて、このページは自分の足をひっぱるのは誰だというタイトルですが、さて足を引っ張っているのは誰なのでしょうか。ここまで読んでみればなんとなく分かってきたと思います。

先ほども誰かに足を引っ張られているような気がすると書き込んでおりますが、じつわ、足をひっぱっているのは自分自身なのです。周りの人達ではなくて、自分の中に居座っているもう一人の自分がブレーキをかけているのです。自分には目標を受け入れるだけの器が、できあがっていないということなのです。器に受け入れるためのすき間がないからこぼれているのです。

うまくいかないことに感謝

だから器ができていない段階で、むりやりに突き進んでいけば、大きな挫折に合うか、体に害が及んでしまいます。つまり無免許で外車を時速300キロで、ぶっ飛ばすようなイメージです。だから、もう一人の自分が事故らないようにうまくいかないように、ブレーキをかけて抑えているのです。このようなときには少し考え方を変えてみる。むしろうまくいかないことに感謝して、器を広げることを考えた方が得策なのです。

すみません、最後になって少々理屈っぽくなってしまいました。このブログ全体に言えることなのですがもう一人の自分を意識しながら読んでいただくと、理解しやすくて目からウロコが落ちてしまうほどに人生が変わってきます。
【合わせて読みたい記事】

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。