人はなぜ病気になるの!病気は休みなさいのサイン

仕事仲間が入院しているというので、仲間3人で見舞いに行きました。総合病院という独特の雰囲気で、いつ来ても顔がこわばります。しかし本人45歳、顔つやも良く、もうじき退院できるらしいのです。そして、見舞いに行った一人に、大工の頭領で高齢(80歳)の方がいましたが疲れ気味で、いつの間にか病人のベッドの上に座っておりました。二人並んでいるのを見て「今先生が来たら、病人を間違えてしまいそうだぞ」だって、一瞬マジ顔に大笑い。

免疫をつけるたに病気は必要

診断で別場所に異常が

ところで入院している本人いわく、ちょっと具合が悪かったので病院で診察してもらったそうです。具合が悪かったところは異常なしで、そこまではよかったのですが、レントゲン検査で異常がみつかったそうです。そしていろいろ調べてみると他の悪い個所がゾクゾクとみつかったそうです

本来の診察よりも、そちらの方に問題があるらしく、緊急を要する事態だったので即入院だということなのです。忙しい人なので、気がつかなかったのでしょう。そういえば、こちらだって忙しい「別に悪い所はないけど、ちょっと診察にいってみた方がいいのかな」お互いに顔を見合わせて不安げです。

健康の反対は
病気ではないのです

まったく病気にならなかったら、免疫がつかないものですから、ちょっとした病いでも、参ってしまいます。適度の軽い病気にかかって免疫をつけていくのです。なので私の場合、風邪をひいても、めったなことでは病院には行きません。自分の免疫をつけていきなさいということなのですから、当然取るべき道は決まってきす。

病院は病気を治してくれる所
ではないんです
病気を治す手助けをしてくれる所
なのです

病気をなおすのは、もちろん自分自身です。体の中には免疫があって、ばい菌を退治する作用があります。病気になっても自然に ・・・・・

(詳しく書いた記事があります)

すべての細菌を理解してみる

タイトルにある「人はなぜ病気になるの」ですが、このように聞かれたら、貴方だったら、どう答えますか。誰でも何かの病気にかかかってはいるも、当たり前すぎて答えに困ってしまいます。

自然界に病原体があるからでしょうか
じゃあ、なぜ病原体は存在するの

人類を含めた自然界は、太古の昔から少しずつ進化、退化を繰り返しながら、現在まで続いております。自然界に必要があるからこそ存在しているといえます。必要がなければ、すぐに退化して消滅しているはずです。たとえば恐竜は現在の環境には必要ないので消滅しております。地球のすべての物は、存在している意味があるのだと思います。

理屈を考えてみる

自然界に存在している、すべてを理解してみると、どのように対処していけば良いかが、分かってくるように思います。それらすべての病原体をなくするなんて不可能ですし、何かの必要があって存在している訳ですから、なくする必要もないと考えます。

そのバランスが崩れると異変を感じて、病気になったりしてしまうのだと思います。 例えば私の場合ですが、ヘルペスが口や舌にできてしまったら、何も欲しくなくなります。直前に食べた物が、これ以上必要のないですょと教えてくれて、食べられないようにヘルペスができるのです。

病気になる前に病気になる

大きな病気になる前に
小さな病気になる

っという発想が生まれます

落ち着いて、現実を受け入れてみると、対処するしかないということが分かります。しなければ退化、消滅していくだけです。対処していけば、引き続いて進化していくだけなのです。

病気にならない方法はあるのか

地球上には無数の細菌が存在しております。命に係わる重大な病気から軽い病気までいろいろです。重大な病気だと思っていると意外とそうでもなかったり、軽い病気だと思っていると重大な病気だったりします。くせもの病原菌などの種類もイロイロですが、その反面それぞけに対処できる免疫だって存在しているのです。

今どこにいても何をしていても、なんらかの病原体を吸っいるのです。なのに病気にかからないのは、進化した免疫のおかげで大事には至らないのです。たとえば、生まれて今まで病原体を寄せつけない無菌室で過ごしてきたとします。そこから一歩出たトタンに病気になってしまいます。

免疫ができていないからです

免疫ができていない人は病原体が好き勝手に攻撃のし放題で、この世に存在することができないのです。今の環境で生きていく為には軽く病気にかかって、少しずつ免疫を強化していくしかないのです。相反する物が共存している訳で、どちらが欠けても何らかの不具合が生じてきます。

自分のことは自分が一番よく分かっているので、健康管理は自分でしております。だから大丈夫だと過信している人。私のことも含んでいるのですが、痛みを伴わない病気や、一度発生すると驚異な速さで進行していく、あなどれない病気などもあるわけです。

だから先ほどの仕事仲間の話で、軽いけがキッカケで病院での診察がキッカケで、レントゲン検査で悪い病気がみつかったと聞いた時に、「っあ、自分を過信してはいけないな」と感じたのです。自信を持つことも大切ですが、疑ってみる事も必要だと思いました。

免疫を意識する

実際に存在してる細菌がたくさんあるということを受け入れてみると、対処の仕方が分かってきます。病気に対する免疫を作る工夫がいるのです。自分に強固な免疫をつけていかないと、どんなに良い薬があろうと、どんなに素晴らしい先生がいようと、自分の病気を治すことはできないのです。

なんども書き込みすが
病院は病気を治す
手助けをしてくれる所なのです

病院は病気そのものを治すよりも、病気を治す手助けをしてくれているのですから、病気になればすぐに病院に行ってしまうよりも、まずは自分に免疫をつけていくことから考えていくべきなのです。

薬で治していたのでは細菌が薬慣れしてくるのです。先生に頼っていると、自分に免疫ができなくなります。両方をうまく利用してやるのですが、病気になった時には、まず免疫をつけるということを前提に考えて行動していきます。

私の周りで、まったく無意識、無頓着な人がおります。まだ若い方なのですが、かなりの肥満体です。いつも昼はコンビニ弁当で、わずか2~3分。まるで飲み込んでいる様子を見て、病気にならないのかなっと思っておりました。全く医者任せで、悪くなれば、なんでも薬、速攻で治すことをしております。自分で治すという意識は全くない人なのです。

この人の体は悲鳴を上げていると思っていたら「麻酔が全く効かない体質なので、病院に行っても困っている」だとか平気で言ってる。「やっぱり」とか「うわー」っとか思っていると「この前、あまりにも疲れていたので、風呂場で4時間ぐらい寝ていたょ」とニコニコしながら話している。「えーっニコニコするなょ」っと、つっこみたくなりますが、免疫らしい物をまったく感じない理解不可能な人なので、急いで離れました。私の場合ですが、免疫だらけなので麻酔などは速攻で効きます。

病気は休みなさいのサイン

そして、病気やケガをしたときは貴方は休むときなのですという意味だと思います。悪くなったことを嘆くことよりも、ゆっくり考えてこころ静かに今までの自分を疑ってみる。そうすれば体が答えてくれて、回復も早まってくるし免疫がついてくるので、病気に対して対処していくことができるのです。病気になったときはそのたびに免疫ができ上がってくるということなのです。

病気になったときは

ゆっくりと休みなさい
立ち止まって考えてみなさい
食生活等を考えてみなさい
というサインなのです

定期健診は必要

疲れて働き過ぎた自分を
少し休ませてやる

休むことも治療のうちです。この一種の開き直りが更なる明日からのパワーになってきます。無意識に働いている自分の体に感謝しながら休ませてやる。ゆっくりと考える時間を持つためにも定期健診は必要だと思います。

【関連記事】


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。