事故は一瞬・突然やってくる!左足でアクセルは危険

事故は一瞬・突然やってくる!左足でアクセルは危険

ちょっと車を動かそうとするときに、運転席にからだを左半分乗せて、左足でアクセルを踏んでいる人をよく見かけます。少しだけなので運転席に座るのがめんどくさいのか、あまり考えもせずにしているみたいです。

私は昔人間なのでマニュアル車を運転していたころは、左足でクラッチ・右足でアクセルとブレーキを踏んでおりました。そのときにクラッチを踏む左足にはかなりチカラがいるのですが、ブレーキとかアクセルを踏んでいる右足には、あまりチカラがいらないのです。

左足でアクセルは危険

試しに右足でクラッチを踏むとかなりキツイのですが、左足でブレーキを踏むと軽いし、アクセルを踏んでも思った以上に軽いので、かなりの空ぶかしを起こてしまいます。だから何も考えずに、左足でアクセルを踏んで車を動かそうとするときに、うっかりギアが入っていると車が飛び出してしまうのです。

修理工場とかで車をいつも動かしている人達が、車をちょっと前に出すのに、からだを半分ほど座席に乗せて、左足でアクセルを踏んでいる光景をよく見かけます。しかし普通はアクセルは右足で踏むものであって、慣れていない人が真似をして左足でアクセルを踏んでしまうと、突然急発進することがあります。

一瞬なのでパニック状態になって、思いもかけないような大事故にもつながりかねません。私は運転歴が50年たった今でも、たとえ1メートル動かすときにも運転席に座って、アクセルとブレーキの位置確認も含めて、実際に踏んでみて確認してから車を動かしております。

踏む感覚が違う

職業で毎日車を動かして慣れているプロの人達は別として、たとえちょっとであってもしっかりとからだを座席に乗せて、いつもと同じように車を動かすべきです。つまりアクセルとクラッチは踏む感覚がまったく違うからです。

この感覚を分かるために、実際に何もない広い空き地等で、ギアを入れないニュートラルの状態にして左足でアクセルを踏んで試してみてください。クラッチを踏み込む感覚でアクセルを踏み込んでしまうと、思った以上に軽いと思います。逆に右足でクラッチを踏んでみると意外と重たいと思います。

アクセルとブレーキ

アクセルとブレーキ

今問題になっているアクセルとブレーキの踏み間違いですが、アクセルとブレーキを意識していないで慣れで運転していると、自分の意に反している状態がいきなり起こったときは、突然の現実にパニックになってしまうので余計に大きくなりがちです。私も若いころにペーパーロック現象を経験して以来、ブレーキには異常なほど過敏になっております。ブレーキを踏むかなり前からブレーキの位置を確認しつつ、本当にブレーキが利くのかをテストをしております。

高齢者になった現在でも若いころから癖つけているので、アクセルとブレーキの踏み間違いも無意識に確認しているようで良かったかなと思うと同時に、すべての行動にも同じように意識しております。そんな面倒なことをと思われるかもしれませんが、習慣になって無意識だから、まったく苦にもなりません。

逆に
慣れで運転していたら
怖いです

【続きの記事】

【特集記事】事故は一瞬・突然やってくる

関連記事一覧