• HOME
  • ブログ
  • 仕事
  • 事故は一瞬・突然やってくる!もしも突然ブレーキが効かなくなったら
事故は一瞬・突然やってくる!もしも突然ブレーキが効かなくなったら

事故は一瞬・突然やってくる!もしも突然ブレーキが効かなくなったら

ブレーキを踏むと当然ですが車は止まるもの。疑いもせずに無意識に当然という感じで運転していると思います。ひょっとして急に効かなくなったらなんて、全く思ってもいないのではありませんか。信じがたいようですがブレーキが効かなくなっての事故は、少数ではありますが実際に起きております。

また無知から招いてくるブレーキが効かなくなるという現象もあります。それは長い下り坂などでブレーキを踏み続けていると、ブレーキ部分が摩擦で高温になって、徐々にブレーキの効きが悪くなってくるのです。こんな違和感・普通と違う事柄があれば、めんどくさいようですが、必ず広い場所に停車して、それなりの処置しなければひどい目に合ってしまうものです。

事故は一瞬
突如として
起こるものなのです

ぺーパーロック現象

何も考えないで「おかしいな」と思いながら、更に踏み続けているとどんどん熱が上がってきて、ブレーキホースの中が沸騰状態になって気泡が生じてきます。こうなるとブレーキは全く効きません。ぺーパーロック現象です。考えただけでも怖いこのぺーパーロック現象ですが、私は実際に経験しました。

まだ若かりし20代前半の頃、修理上がりの車を運転していた時のことです。下り坂ではなく平坦な一般道路で、信号機が赤になったのでブレーキを踏むも、突然としてまったく効かないのです。これは慌てましたです。広い駐車場が目に入ったので、とっさに飛び込んで最小限の被害で済みました。

ひょっとして
これが
ぺーパーロック現象

事故は一瞬・アクセルとブレーキ!ブレーキの片効き

ブレーキの片効き

常に片方のタイヤにブレーキがかかっている状態でのぺーパーロック現象でした。恥ずかしきことではありますがあえて披露しました。たしかに運転中に異常もありました、常にハンドルを手で押さえていないと、すぐにハンドル取られてしまって左に曲がってしまうのです。

つまり
ブレーキの片効き
です

修理上がりなので修理屋の不手際なのでしょうが、運転手は事前点検をしなければいけません。しかも「おかしいな」と疑問を持ちながらも何も対処しなかったっという、全く無知というしかないのです。異常があれば運転するべきではなくて、すぐに修理屋に連絡するべきでした。反省しかりなのですが、このときからブレーキが効かなくなるカモを意識し始めたのです。

ブレーキテストを実行

それ以来ブレーキは早めに踏むようにしています。機械物ですから絶対ではないということも含めて、何かの不具合が起こるカモしれないと思いながら運転しております。ブレーキを踏む場合は前もって余裕がある時点で、必ずブレーキテストをしております。効かない時に備えてサイドブレーキに手を置いたりもしております。

もし今ブレーキが故障したらっと、自分でシミュレーションしてみたりしています。めんどくさいように思いますが、習慣化してくれば無意識にしているので、まったく苦にならないですし逆にそうしないと不安になってくるのです。

事故は一瞬・アクセルとブレーキ!ブレーキの常識を疑う

ブレーキの常識を疑う

このベーパーロック現象の経験以来「ブレーキは効くもの」の常識を疑い、始めの頃はテストとシミュレーションを意識しながら運転していましたが、今では習慣になってしまって無意識に行っています。時々「っあ、ブレーキが効かない」っとゲーム感覚でイメージしております。

ブレーキが効かなくなることは、絶対に近いほどあり得ないのですが、ペーパーロック現象から50年過ぎて後期高齢者になった今では、習慣になっているのでブレーキとアクセルの位置確認を含んでいるので、こちらの方で役に立っております。

最近は高齢者によるアクセルとブレーキの踏み間違えによる事故が多いいようです。私も高齢者になりましたが、若いころからクセつけて習慣になっているので良かったと思っております。正直踏み間違いらしきことはありましたが余裕で退避できております。その他にも意識するということが良いのでしょうか、車のちょっとした異変にも何となく気がつくものです。ちょっとした物音でもすぐに車止めて念の為に様子をみます。修理工場に持ち込むも正常な範囲なことばかりですが、経験から事故はまさかからを肝に銘じておりますのでより慎重になっているのです。

ブレーキは効くものだ
と思って運転すると
逆にコワイです

【続きの記事】

【特集記事】事故は一瞬・突然やってくる

関連記事一覧