もし突然ブレーキが効かなくなったら

もし突然ブレーキが効かなくなったら

ブレーキを踏むと当然ですが車は止まるもの。何の気なしに疑いもせず無意識に、あたかも当然という感じで運転していると思います。急に効かなくなったらなんて、全く思ってもいないのではないのでしょうか。ブレーキが効かなくなっての事故は、少数ですが実際に起きております。またブレーキが効かなくなるという現象もあります。それは長い下り坂などでブレーキを踏み続けていると、ブレーキ部分が摩擦で高温になって、徐々にブレーキの効きが悪くなってくるのです。

ブレーキを意識

更に踏み続けているとどんどんと熱が上がり、ブレーキホースの中が沸騰状態になって気泡が生いじてきます。こうなるとブレーキは全く効きません。ベーパーロック現象です。考えただけでも怖いこのベーパーロック現象ですが私は実際に経験しました。

まだ若かりし20代前半の頃、修理上がりの車を運転していた時のことです。下り坂ではなく平坦な一般道路で、信号機が赤になったのでブレーキを踏むも、突然としてまったく効かないのです。これは慌てましたです。広い駐車場が目に入ったので、とっさに飛び込んで最小限の被害で済みました。ひょっとしてベーパーロック現象。片方のタイヤに常にブレーキがかかっている状態で運転していたベーパーロック現象でした。恥ずかしきことではありますがあえて披露しました。

修理上がりなので修理屋の不手際なのですが、運転手は事前点検をしなければいけません。まして異常があれば運転するべきではなく、修理屋に連絡するべきでした。反省しかりなのですが、このときからブレーキが効かなくなるカモを意識し始めたのです。

ブレーキのテスト

それ以来、私はブレーキは早めに踏むようにしています。機械物ですから絶対ではないということも含めて、何かの不具合が起こるカモしれないと思いながら運転しております。ブレーキを踏む場合は、前もって余裕がある時点でブレーキテストしております。効かない時に備えて、サイドブレーキに手を置いたりしております。

もし今ブレーキが故障したらっと自分でシミュレーションしてみたりしています。めんどくさいように思いますが、慣れてくれば無意識にしているので、まったく苦にならないですし、逆にそうしないと不安になってくるのです。

ブレーキとアクセル

このベーパーロック現象の経験以来「ブレーキは効くもの」の常識を疑い、始めの頃はテストとシミュレーションを意識しながら運転していましたが、今では無意識に行っています。時々「っあ、ブレーキが効かない」っとゲーム感覚でイメージしております。

ブレーキが効かなくなることは、絶対に近いほどあり得ないのですが、後期高齢者になった今ではブレーキとアクセルの位置確認を含んでおり、こちらの方で役に立っており、まったく慌てることなく余裕で対できており、ブレーキとアクセルの位置関係に対処していたのに気がつきました。

最近は高齢者によるアクセルとブレーキの踏み間違えによる事故が多いいようです。私も高齢者になりましたが、若いころからクセつけていたので良かったと思っております。その他にも意識するということが良いのでしょうか、車のちょっとした異変にも何となく気がつくものです。

ブレーキは効くものだ
と思って運転すると
逆にコワイのです

高速道路はブレーキが効かない

ブレーキで思い出したことがあります。高速道路を走っていたときです。かなり遠方の方に大きなオケが落ちているのが見えましたが、かなり早い段階で気がつくもある程度までスピードを落とさないと、ブレーキが効かないんですね。かなり距離があったにもかかわらず、少しですがコツンとあたったようなギリギリで止まったことを憶えております。

ブレーキのスピードに負け

高速で走っていたらブレーキが効かないんです。スピードに負けてしまって、ブレーキがカラ回りするのです。エンジンブレーキでスピードの落ちるのを待って、それからブレーキをかけると効いてきます。あまり飛ばし過ぎると、止まるまでの時間が思った以上に長いです。 一般道路では余裕の余裕でゆっくり止まれる距離なのに、最初にブレーキが全く効かないのには正直驚きました。それからは高速道路を走るときは一般道路とは違った注意が必要だと思いました。

ブレーキは右足で

ちょっと車を動かそうとするときに、席に半分座って左足でアクセルを踏んでいる人を見かけます。少しだけなので運転席に座るのがめんどくさいのか、あまり考えもせずにしているようです。

私は昔人間なのでマニュアル車を運転していたころは、左足でクラッチ右足でブレーキを踏んでおりました。そのときにクラッチを踏む左足にはかなりチカラがいるのですが、ブレーキを踏む右足にはあまりチカラがいらないのです。試しに右足でクラッチを踏むとかなりキツイのですが、左足でブレーキを踏むと軽いのです。だからうっかり左足でアクセルを踏むと車が飛び出してしまいます。

今問題になっているアクセルとブレーキの踏み間違いですが、アクセルとブレーキを意識していないで、慣れで運転していると自分の意に反している突然の現実にパニックになってしまうのです。私もクセつけていてよかっったと思うと同時に、すべての行動にも同じように意識しております。

左足でアクセルは危険

左足でアクセルを踏み込むと、慣れからチカラが入ってしまって急発進してしまいます。とっさのことなのでパニック状態になって、大きな事故にもつながりかねません。そんな理由でちょっと車を動かそうと、体を半分入れての移動にはかなり違和感があり危険なのです。

修理工場等ではよく見かけますが、職業で毎日車をを動かしている仕事で慣れている人は別として、何も考えずにマネをしていると、とんでもない飛び出し事故を起こしてしまいます。私はたとえ1メートル動かすときにも運転席に座って、アクセルとブレーキの位置確認を含めて実際に踏んでみて車を動かしております。

関連記事一覧