借金交渉の秘訣は決して早く解決しようと急がないこと

【前回の記事】

今まで行動しているうちに分かってきたことがあります。借金に行き詰まると、つい沈みがちになってしまいます。これは借金に行き詰まったから沈むのではなく、沈み込むから行き詰まるのです。つまり沈み込むような性格だと、借金で行き詰まらなくても、他の何かのカタチで沈み込んでしまうような状態が引き寄ってくるのです。生きているあいだは問題は常につきまとってきます。沈み込むよりも「よーし、ひとつやってやるかー」です。このぺージでは、借金の解決交渉と変え方を書き込んでおります。また借金に限らずどんな問題が起こっても、必ず解決していくことができるのです。

借金交渉の絶対条件

いまのバソコン時代にググれば解決方法はたくさん知ることができます。しかし行動しなければ何も変わらないのです。こちらの方がよさそうだ・あの人が良いと言ったから・楽そうだからなどと、考えていたのでは動けないのです。行動するのが面倒くさいので、その理由を作っているだけです。「後ろに下がればガケから落ちてしまうので、やるしかない」っです。ゴール目指して何も考えずに行動していけば、そこから必ずヒラメクことがあります。

本気の流れが必要

すぐに結論を出そうと考えるよりも
本気の流れが必要なのです

借金交渉の秘訣は、自分の信念をもって、一歩もひるまないで話し合うことです。相手は人間です。必ず折れてきます。というよりも、折れるまで根詰めていくことです。

決して早く解決しようと急がないこと

対処できる免疫をじっくりと作っていくという
絶好なチャンスなのです

人間は
逃げれば追いかけたくなります

追いかければ逃げたくなります

人生も同じなのです

逃げると追いかけてくる

悪い状況なども同じで、ピンチから逃げていると追いかけてきます。逃げれば一瞬で楽になりますが、同じことが繰り返され何度も起こってきます。解決していくと言う免疫ができていかないからです。徐々にバージョンアップしながら、振りかかってくるのです。つまり逃げていると追いかけてくるのです。いつまでも気がつかないでいると、最悪は・・・・新聞やテレビのニュースにもあるように、自分を見失うようになってくるのです。

ならば逆に追いかていけば逃げていくという理屈になります。そのようにならないようにと、ピンチというカタチで知らせているのです。ピンチなどからは急いで逃げるより、追いかることを考えた方が得策です。次に同じことが起こってきても、跳ね返す免疫が、できあがってくるからです。考えてみれば、この対処できる免疫を作るために、小さなピンチを投げかけてきているように思います。

初めの
小さなサイン
を見逃さないことです

ビンチは絶好のチャンスなのです

そして最後にもう一言
 ⇓  ⇓  ⇓
 ⇓  ⇓  ⇓
 ⇓  ⇓  ⇓
 ⇓  ⇓  ⇓
 ⇓  ⇓  ⇓
 ⇓  ⇓  ⇓
 ⇓  ⇓  ⇓
 ⇓  ⇓  ⇓

 ⇓  ⇓  ⇓
 ⇓  ⇓  ⇓
 ⇓  ⇓  ⇓
 ⇓  ⇓  ⇓
 ⇓  ⇓  ⇓
 ⇓  ⇓  ⇓
 ⇓  ⇓  ⇓
 ⇓  ⇓  ⇓

すべての交渉ごとは
最初に

「それは絶対に無理ですょ」
っという
お断り文句から始まるのです

【合わせて読みたい記事】

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。