病気は免疫をつける絶好のチャンス

病気は免疫をつける絶好のチャンス

【前回の記事】


あまり薬に頼っていると、せっかくばい菌を退治してくれている免疫の出番がなくなってきます。免疫をつけていく絶交の機会を逃しているだけではなく、免疫が退化してくると、いつしかばい菌が免疫に勝ってしまうのです。更に免疫を無視して薬を頼っていると、ばい菌が薬慣れしてきます。

そうすると症状を和らげるために、より強烈な薬に頼る様になってきます。応急処置の薬ですから少しすると切れてきます。長い期間には薬漬けになってしまい、だんだんと症状もひどくなってくるも、もっといい薬は・もっと良い先生はとか考えてしまうのです。

私の周りにも数人このような人が実際におります。大体想像できると思いますが、共通しているのは変に自分に自信を持って、まったく人の意見を聞かない人達です。飴玉も10個ぐらい口に入れてガリガリでおしまい。食事も飲み込むようにしているし、風呂場でも朝まてウトウトと居眠り等で、まったくの無茶苦茶です。やはりというか「オレは病院の麻酔が全く効かないょ」っなんて、アワアワと語っている人もいました。

免疫がばい菌に負けてしまう

私の場合、めったに病院には行きません。行くときは、他の悪い病気かもしれないと感じたときで、それを確かめに行きます。大事ではないことが分かると、それに満足して、薬は必要なければ飲まないこともあります。病気になったときは免疫をつけていくチャンスだと考えているからです。

たとえば風邪薬などは、めったに飲みません。風邪を治す薬はないので、熱があれば熱を下げる薬、喉が痛ければ痛みを和らげる薬。つまり薬は風邪が治るまでの処置だと考えているからです。薬を飲むと速攻で楽になってきますが、せっかくの免疫能力が育成できません。とりあえず楽になっただけで、風邪が治った訳ではないからです。

薬は
免疫がばい菌を
退治してくれるまでの
応急処置
なのです

必要があるから病気になる

もう少し分かりやすくいうと、病院が病気を治してくれると思っているのは、周りの人達が自分を助けてくれるのが当たり前だと思っていることと同じなのです。病院は病気を治してはくれない所だということを前提に、暮らしていくクセをつける。他人はアテにできないことを前提に暮らしていくクセをつけていく。その方がアトアト楽なのです。

自分のことは自分でする

病気になったときには「アレ、何が足らないのかな」っと、ちょっと考えてみるクセをつけていきます。

病気になることは
必要だから起こっている
のです

【続きの記事】

関連記事一覧