福の神と仲良くしていれば、貧乏神は近寄ってこない

もしも自分が福の神だったら

どうしたら幸運をつかむことができるのか、そしていいことばかり起こすことができるのか。今回はちょっと逆の立場から考えてみました。

もしもあなたが福の神だったとしたら、どんな人に近ずきたいですか。どんな人の所に行ってみたくなりますか。このように考えてみると、どうすればいいのかが、分かりやすいのではないかという感じがしましたので、福の神と仲良くするというタイトルで書き込んでみました。

福の神が好むタイプ

さてさて、怠けている人に近いずきたいですか、コツコツと働いている人の所ですか。「なんで、自分だけー」とか不平不満グチを言っている人の所ですか、「今日も元気で感謝」とかニコニコしている人の所ですか。困った顔をしている人。ハツラツとした顔。もしも自分が福の神だったらと考えて、行ってみたくなるような人に焦点を置いて自分から目指してみると良いのではないでしょうか。そのように考えれてみれば、自然とやるべきことが分かってきます。

幸運は追いかけるのではなくて
引き寄せるものだからです

福の神が引き寄ってくることのイメージです。第三者的な目で自分を眺めてみる、すぐそこから福の神が眺めている、その福の神の立場になってみて眺めている自分はどうすればいいのか。

福の神と仲良く

そして、いつも笑っていたり、明るく振舞っていると、福の神が近ずいてくるような感じがしませんか。それと同時に、すべての人や事柄に「ありがとう」の感謝の気持ちと「すみません」と言う謙虚な気持ちで毎日を過ごしていると、福の神が大喜びをしながら近寄ってくるような感じがしませんか。いつも福の神と仲良くしているぞ

自分には福の神が居着いているのだ
という感じがしませんか

よーし福の神を逃がさないように仲良くしていこう。そのようにしていれば、福の神が幸せに導いているという感じです。

なぜならば
福の神がいる所には
貧乏神は絶対に近ずいて来ない

からです

福の神がいなくなると

せっかく仲良くなった福の神が、逃げていかないように振る舞ってみる。このように意識して暮らしていくことで、自然とハッピーになってくるというものです。グチ・不平・不満・悪口等には、まったく無縁で、少しでも言ったりしていると、福の神が嫌気をさして、逃げてしまいます。そして福の神がいなくなったトタンに、貧乏神が近ずいてくるので、いつも明るく明るくです。

そして
福の神と仲良く、仲良くです

貧乏神は福の神が大嫌い

世の中には、やりたくないような嫌なことがたくさんあります。しかし誰かがやらねばいけないことです。じつわ、嫌なことを進んでする行為は厄落としになるのです。このような人に福の神は近ずきたくなるのです。誰もしないような嫌なことを、平然としている人のところへ行ってみたくなるのです。

貧乏神はグチが大好き

反対に嫌なことなどから、理屈をつけては避けているような人には、福の神は近ずきたくないのです。それだけではありません

貧乏神は福の神がいない所を
探して近ずいてくるのです

貧乏神は他人のイヤミ・グチ・悪口などが大好きなので、一緒になって話をしたくて、ニコニコしながら近ずいてくる訳です。いつまでも気がつかないでグチったりしていると、貧乏神が居着いてしまうことになります。そして、いつしか背中にどっぷりと、しがみついてしまうのです。

福の神が逃げると貧乏神がくる

グチ・不平・不満・悪口は無意識にしており、自分では気がつかないものです。もしも誰かが自分に対して、気にいらない言葉、態度、しぐさなどしてきた時に、負けまいと言い返したりしていると、自分はその相手と同じレベルだということとです。そのような自分には、

福の神が愛想を尽かして
逃げてしまいます

そうすると、福の神がいなくなったので、貧乏神がニコニコしながら近ずいてきます。もし、そのようなしぐさに気がついたら、「っあ、福の神が、逃げてしまう」っということをイメージしてみると、自然と対処する方法が分かってくると思います。

貧乏神が乗り移るぞ

どこに行っても自分本位の考えを、威嚇(いかく)しながら無理押ししてくる人がおります。不思議と必ずいるのです。私の場合は「この人って背中に貧乏神を背負っている」的な目で見てしまいますが、もしカチンときて言い返したり、論議したり、言い合いになったとすれば、それこそ、その人に居着いている貧乏神が「っお、こっちも良いね」っとか言いながら乗り移ってしまいます。

もし「相手の態度に翻弄(ほんろう)されているなぁ」そのような自分のしぐさに気ずいたら、それは自分を知るいいチャンスです。今までの理由などから、貧乏神が乗り移ってくるので、間違っても相手にしてはいけないのです。それよりも

鏡の法則
という言葉があります

鏡の法則

自分の姿がそのまま、カガミに反射して跳ね返ってくるという人生の法則です。つまり、その人と同じ態度を自分も誰かにしているということなのです。「そんなことはないょ」っと自信を持ってはいるものの、自分で気がつかないだけなのではないでしょうか。

しかし、これはゆるぎない人生の法則なのです。翻弄(ほんろう)してくる相手だって自分では気がついていないのです。自分よりも明らかに弱い立場にある人、言い返すことができない立場にある人、例えば子供とか女性とかに対して、無意識に言っていないでしょうか。

気がついていないだけでは

イメージすれば何かが変わる

そんなことは見当たらないと思っていても、最近不運ばかり起こる・何だかチグハグな毎日・やけに威嚇してくる人が目立つ・思うようにいかないっと感じていたとしたら、ちょっと立ち止まって、振り返ってみるのもいいかと思います。

そのような反省態度をするだけで、福の神が「っん」っとか言って振り向いてくれるのです。こんなイメージをうっすらでいいので描きながら癖をつけていれば、明らかに今までとは違う何かが変わってきます

何か分からないけど、なぜか周りの人達や状況などに今まで違った、ふんわりした変化が起こってきます。そして徐々にではありますが、このブログの本意が理解できてくると思います。

貧乏神ょあっちにいけ
っお、福の神が見てるぞ
よーしいい感じ
コレを癖つける

人の振りみて我が振り直せ

自分に対しての試練だと考え、自分を一度リセットして見直してみる。間違っても相手に翻弄(ほんろう)されてはいけないということです。幸運が逃げていくだけです。自分に焦点を合わして、静かに交わすことです。

福の神が居座っている

しつこいようですが、もう一度書きます。福の神が居ついている限りは、貧乏神は絶対に近ずいてきません。せっかく仲良くなれた福の神に嫌われないように、毎日を楽しく暮らしていくというイメージです。

悪運が振り向かずに、幸運だけが引き寄ってきていると思えば、今まで、嫌だと思っていた苦労や、苦手な人達もだって「それもありか」ぐらいでいいのでは。つまり嫌なことや苦手な人は必ずいるという前提で暮らしていく。そうすると、他人や周りの状況などには振り回されなくなり、自分自身に焦点が合い自分の考えがまとまってくる。その為にも嫌なことや苦手な人は必要なのかなと言う感じがしてきます。

私の周りには
福の神が居座っているのです

他人や周りのことよりも、自分に焦点を合わして暮らしていくと面白くなってきます。ひょっとしたら、福の神と一緒にいると、嫌なことでも楽しめるような器ができあがってくるのかなという感じもします。

【関連記事】

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。