人はなぜ病気になるの!病気・細菌との付き合い方

人はなぜ病気になるの!病気・細菌との付き合い方

【人はなぜ病気になるの】
【1】【2】【3】【4】【5】

みなさんは風邪をひいたときってどうしていますか。病院に行きますか・自分で治しますか・私の場合めったなことでは病院には行きません。まずは自分の免疫で治していくことから考えているからです。

今回は、病気・細菌と上手に付き合っていく方法を、私が実践していることも含めて書き込んでみます。この理屈を理解すると同じ病気になったとしても、不安もなく元気に過ごしていくことができるのです。かなりの独特な方法と偏見にて書き込んでおりますので、万人向けではないかと思いますが、ぜひ参考にしてみてください。

風邪をひいた時

風邪カナと感じたときに、とにかく暖かくします。仕事などで一休みできないときは、風邪の細菌が自分の中に入ったのだと意識して、「免疫さんすまないが、もうすぐ戦いやすく援助できますから」っと、こんなことをイメージします。そしてひと段落すれば、ゆっくりと一休みなどして免疫に援助してやります。そして免疫が細菌をやっつけてくれていることをイメージします。

これはちょっとヤバイかもは
背中を温かくして汗をかきます
これでたいがい治ります

っと同時に風邪に対する免疫力が、強固になっていく感じがするのです。今まで一度どうしても熱が下がらなくて、寒気がとれないことがありました。熱く沸かしたどんぶり一杯の卵酒を一気に飲みほぐしたら、すぐにグツグツと汗をかいてきました。急いでコタツに潜り込んでコタツの内側に背中を向けて目いっぱい温めます。サウナ風呂みたいに汗をかきまくりました。汗をかくもギリギリまでの蒸し風呂三昧です。

風邪がなんだ
はよー、アッチ行け
この状況をイメージします

っで、速攻に効いたことがありました。汗だくだくのびっしゃりで、うそのように寒気がひいたので、軽く風呂に入ってぐっすり眠りました。これで完璧に治ったことを覚えています。自分のからだに免疫をつけていくという考え方なので、まるで風邪の細菌と戦っている免疫に、援軍を送ったような感じをイメージできて、以後も風邪では病院に行ったことはありません。

病気を理解する

今ある病気がどんなものなのか

自分のことは自分が一番よく分かって、理解するようにしているのですが、自己判断は危険だということもあります。少しでも異変を感じたら病院へは行ってはいますが、診察の結果はすべて異常なしなのです。でも今ある病気がどんなものか専門の先生の意見を聞いてみたいという思いなので、病院へ行っても説明内容やこれからの対処の仕方など、どうすれば良いのかが分かるのでずいぶんと気が楽です。

病院は補助をしていただく
っという気持ちで利用しています

免疫を作るを意識して病院は補助をしてくれる所だと言う習慣でいると、薬では免疫がついていないせいか、たまに医者などで麻酔をするとそれはそれはよく効きますです。

そういえば歯医者で思い出したことがあります。
むかし歯が痛くて検査するも、どこの歯医者に行っても・いくら検査しても原因不明で処置しようがなかったことが2年ぐらいありました。しかしどうしても我慢できないので、とりあえず痛み止めの薬をもらって服用したことがありますが、すると薬を飲んだトタンに足の下からジンジンと効いてくるのが分かるのです。

「おおお、来たきたキター」っで、歯の部分にまで到達するとウソのように痛みがすーっと引いてきて、速攻で効いてきたことがあります。(後で分かったことですが、歯ではなく蓄膿でした)

っという訳で、もちろん不都合があれば病院へ行きますが、あくまでも補助です。

細菌は絶対に必要

今ある環境に適合できなくなる前に、警告として体に免疫をつけなさいょと、軽い細菌で知らせてくれるのです。普段とは違う違和感異変を感じたら、見逃さずに「何かな」と気づくことが大切です。そうすると悪くなっているところが喜んで「こうして下さい」と、違和感・痛み・痒み・腫れなどで知らせてくれるのです。

そして自分で無意識に治していくという行動が、できあがってくるのです。そんな考え方で過ごしている私の場合ですが、ちょっとした異変や違和感を察して、病気かなと感じたらまず「何の免疫が足らないのかな」から始まります。

免疫の闘いをイメージする

怖いのは、この理屈を知らないで警告を無視して放っておくと、今度は「まだ分からないのか」と、自分の体が怒りの声をあげてくるのです。しかも免疫がつかないので、勢いがついてきて倍になって攻撃してきます。気がついて改めるまで倍々なのです。

この理屈に
早く気がつくこと
だと思います

このページで言いたいことは、風邪などの病気にかかったときは、免疫が細菌と戦っているイメージをすることなのです。そうすれば、自分の免疫が「あ、見てくれているぞ」と言って張り切ってくれるのです。

【人はなぜ病気になるの】
【1】【2】【3】【4】【5】

関連記事一覧