ウサギとカメに学ぶ幸せの道

ウサギとカメから学ぶ事

何だかうまくいかないなー
不幸なことばかり起こる
どーなってんのかよう分からん
いったいどうしろというの
果てしなく一生涯つづいていくの
もーっストレス症候群だぎゃっ

この言葉に、ちょっとでも当てはまったり、悩んでいたり、気になった人は、いちど目を通してみて下さい。そのヒントが、誰でも知っている「ウサギとカメ」という童話にありました。

イソップ童話「ウサギとカメ」

足が速いウサギと足の遅いカメが競争をしました。スタートするとウサギはどんどん先に進んでいき、すぐにカメの姿が見えなくなります。すると安心したのか「どうせ勝つのだから」と、涼しい木陰に入って、カメが来るまで待ってやろうと、ちょっと一休み。それにしても、なかなか来ないので居眠りを始めたのです。その間にカメは少しづつ、着実に進んで行きました。さて、居眠りから目覚めたウサギが目にしたのは、なんとゴールで大喜びをしている、あのバカにしていた、カメの姿でありました。ジャンジャン。っという、ご存じイソップ童話での話です。

油断すると大失敗するし、コツコツやれば大成できる

自分の過信で油断すると大失敗してしまい、自分に能力等なくても着実に進んでいくことで、成功してしまうっという教えがありますのも、ご承知のとおりです。私たちが毎日生活をしている中で、いくら素晴らしい能力を持っていても、相手をあなどったり見下したりと物事を簡単に考えていると、思わぬ大きな落とし穴が待っている。また、能力がなくても一歩ずつ確実に進んで行けば、必ず達成することが出来る、ということを教えてくれているのです。

童話ウサギとカメに違和感

私ですが、誰でも知っているこの物語を、数年前から何だかしっくりとこない感じを、持っておりました。それは、なぜウサギとカメが競争するのかという事です。

なぜ
カメがウサギを、競争相手に選んだのか

なぜ
ウサギがカメを、競争相手に選んだのか

要するに「ウサギとカメが、競争をする必要があったのか」です。何となく不思議でありました。「ゴールしたら何があるの」これも不思議です。例えば、勝った方に美味しいごちそうを一年間準備しています。っとでもあれば、ウサギも、さっさとゴールしてからひと眠り「カメさんすまないね」ですょね。ウサギとカメの物語に興味をもって、自分がカメだったら、いやいやウサギだったらと何かにつけて考えておりました。そして、まずは本筋の教えよりも、自分なりに感じてきた教えがありますので、書き込んでみたいと思います。

もし私がカメだったら

カメが、なぜ絶対的不利な条件で、ウサギに競争を挑(いど)んだのか、もし、自分がカメの立場だったら「じゃあ、あの島まで競争しましょうか」と言います。つまり自分の得意分野である、水の中での競争にします。なぜ、絶対的に不利な陸上にしたのかが、不思議でたまらないのです。陸上ではなくて、海だったらカメの方が得意なハズです。っと何となく思ってはおりました。っん、ちょっと待てよ「得意?」「勝てる?」

ウサギって泳げるのかな

書き込んでいる途中で、不安な事に気がつきました。ウサギって、ひょっとして泳げるんじゃないのかな。ググってみると、ウサギって水の中でも泳ぎが達者なのですね。うーーむ、じゃあ、潜っての競争にするのかな。とにかく自分の得意分野で勝負しろっという事なのかなです

自分の得意分野で競争をする

私が、この物語から得た教訓は
自分の得意分野で競争をしろ
という考え方です

もし
私にイチロ選手が勝負を挑んできたら
まさにカメの心境です

たとえば、私が、世界のイチロー選手と打撃競争をしても、絶対に勝ち目はありません。もし勝負を挑むならば、ジャンケンで勝負します。ギターで勝負します。それなら勝ち目は充分にあります。もちろんイチロー選手が私に打撃競争を挑んでくるハズもありません。ウサギさんょ、自分が成長する為に、もっと本気な相手を選んでね。もしもしカメよカメさんょ、カエルとヘビがケンカしても結果は分かるだろ。こんな感じです。

このウサギって落ちぼれ?

ウサギが絶対に勝てるカメを、なぜ競争相手に選んだのか、競争するのに相手を選ぶ事に対しては論外なハズですし、勝つのは当然で、勝ったところで自慢にもなりませんし、負けてしまえば、居場所がありません。買っても負けても、どちらにしても周りの仲間達からは、総パッシングをくらってしまうだけのような気がして、何をとっても、良い事などないハズです。このウサギさんって、ひょっとしたら仲間達からは相手にしてもらえない、落ち込こぼれなのかな。だから絶対に勝てるカメが相手なのか。そんな感じがするし、もし競争が必要だったならば、さっさとゴールまで行って、なぜ、そこでゆっくりと寝ないのか。なぜ、途中で寝込んでしまわなければならないのか。いくら考えても不思議なのですが、よくよく考えてみるに、こんな人って周りにいませんか。このウサギをイメージしながら周りの人達を観察してみると、じつに面白い。視野が広がって対処の仕方が、大人のしぐさに変わってくるような気がします。カメもカメで、ウサギが寝ている前を通り過ぎる時に、なぜ声をかけなかったのか、ちょっと、こすい感じもします。シメシメ今のうちにっと考えたのかな。

ウサギの立場カメの立場から見えてくること

このように、伝わってくる教えの中には、ウサギとカメの両方の立場から考える事ができます。少しずつコツコツやれば、必ず目標を達成する事が出来るというカメからの教えと、油断していたから、置いてきぼりをされますょというウサギからの教えですが、私たちも知らず知らずの間に、両方の立場に立って行動している事が多いい事に気が付きます。周りを見渡しても、自分の得意分野で話をして自慢ぶっている人、他人の意見に惑わされて翻弄されている人など、このウサギのような人やカメのような人などが、たくさんいることに気が付きます。

そんなこんなで長く考えていると何となくですが
まだ何かあるような気がしてきたのです

すると、それ以上に人間の本質を突いたような
目からウロコが落ちてしまう大きな教えがありました

どこを見ているのか

「ウサギとカメ」でググってみた

ここで、私と同じような考え方の人も、いるのではっと思い「ウサギとカメ」でググってみました。さすがネット時代。たくさんの人が同じように考えて、自分なりの解釈を書き込んておりました。ちょっと、うれしくなりましたです。

ウサギとカメは視点が違っていた

ウサギとカメは視点が違っている、という意見もありました。ウサギはカメを見ていて、カメはゴールを見ていた。見るべきところを間違えると、油断して人生に負けてしまいますょ。という教えで、周りの人達と比べるよりも、自分の目標だけを見なさい、という感じの記事もありました。なるほど、こんな教えもあるのかと、確かに、こちらの方がインパクトが強いようです。その他、続き物語や意地の悪いカメとかもあって面白いので、興味のある方はググってみて下さい。

目の前の一歩

さて、この記事を見て、自分の書き込みの中にある「ウサギが寝ている前を通り過ぎる時に、なぜ声をかけなかったのか」の書き込みには、声をかけなかったのではなく、寝ているウサギの姿が、目には入らなかったのです。ゴールを目指して目の前の一歩しか見ていないカメさん。周り事など一切見ないで、ただひたすらゴールを目指している姿勢に、ウサギなど、まったく目に入いらない状況をイメージした時に、冒頭で言ったように、こすいのではなく

周りの事より目の前の一歩しか見ていなかった
っと言う人生の本質を突いたような気がします

ウサギはカメを見ていたので「ゴールではなく、カメの来るのを待っていた」なんて、なんとくだらない恥な事か。そして、もしもカメがウサギを見ていたら(気にしていたら)、途中であきらめていたかもしれません。カメはウサギと競争したのではなく、勝ち負けには関係なく「とにかくゴールに行かなくちゃ」っで、着いてみたら結果的にウサギに勝っていた。というだけの事なのです。

このように考えてみると、うまく行く行かないは
どこを見ているか。つまり焦点を目標に合わせること

なのではないのか。何となく分かったような気もしますが、「ウサギのような人、カメのような人」やはり、こんな人が多いいようです。

自分の周りの人達を観察してみる

このように考えながら、周りの人達を、ウサギのような考えたをしている人や、カメのような考え方をしている人に分類しながら、あの人は何を見て(目指して)生活しているのだろう的に、観察してみると、その人のレベル等が分かって、自分との相性や、これからの接し方など、実に分かりやすいです。そして、自分はウサギ派かカメ派なのか、相手を見ているか目標を見ているか、どちらが良いのかな、どちらが得策なのかなを自分なりに考えてみると「なりたい自分になれる」ということが、自然に分かってくるように思います。

このウサギとカメをヒントに
なりたい自分になれる
という理屈を考えてみました

このぺージの続きです
なりたい自分になる

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。